連載
» 2017年04月25日 05時00分 UPDATE

「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(2):データベーススペシャリストの業務を理解する

あの“津崎さん”も保有する難関資格「データベーススペシャリスト」。本企画では、データベーススペシャリスト試験 午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。今回は、「データベーススペシャリストの役割」の基礎を解説します。

[具志堅融, 河科湊,著]

連載目次

ポケットスタディ データベーススペシャリスト [第2版]

書籍の中から有用な技術情報をピックアップして紹介する本シリーズ。今回は、秀和システム発行の書籍ポケットスタディ データベーススペシャリスト [第2版](2015年12月22日発行)』からの抜粋です。

ご注意:本稿は、著者及び出版社の許可を得て、そのまま転載したものです。このため用字用語の統一ルールなどは@ITのそれとは一致しません。あらかじめご了承ください。


※編集部注:前回記事「『「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ』はこちら

データベーススペシャリストの業務

出題頻度 午前II:●-- 午後I:--- 午後II:---


 ●--:過去14年間での過去問出題数が1〜9回
 ●●-:過去14年間での過去問出題数が10〜19回
 ●●●:過去14年間での過去問出題数が20回以上


Key Word

概念・論理データモデル設計・物理データベース設計、DA、DBA


データベーススペシャリストの業務を掴め!

 データベーススペシャリストの業務はデータベースの設計・構築・運用・保守です。流れとしては、データ管理者DA:Data Administrator)が「概念データモデル」「論理データモデル」の設計を行い、これを基にデータベース管理者DBA:Database Administrator)が「物理データベース」の設計を行います。

データベーススペシャリストの役割は、開発工程とセットで覚えると解り易い
本試験過去問題による類題演習
□H19 午前問20 DA(Data Administrator) とDBA(Database Administrator) の役割

概念データモデルの設計

 概念データモデルの設計では、システム化対象世界(業務)の情報について、システムで取り扱う情報と、情報同士の関係を概念データモデルに整理します。

概念データモデルの設計

論理データモデルの設計

 概念データモデルを更に詳細化した関係スキーマ(テーブル)として整理します。さらに正規化、主キー・外部キーの設定やインデックス、ビューの作成を行います。

関係スキーマ

物理データベースの設計

 物理データベースの設計では、DBMSのトランザクション特性や性能を意識し、最適化のため、各種設定値・環境の定義を行います。

Chance問題

Point check

概念データモデルの説明として、最も適切なものはどれか。

(H26春DB午前II問1)


  •  階層モデル、ネットワークモデル、関係モデルがある。
  •  業務プロセスを抽象化して表現したものである。
  •   集中型DBMSを導入するか、分散型DBMSを導入するかによって内容が変わる。
  •  対象世界の情報構造を抽象化して表現したものである。

解答 Point check 

 *囲み内をクリックすると解答を表示します(表示後ページをリロードすると、再び非表示になります)


書籍紹介

ポケットスタディ データベーススペシャリスト [第2版]

ポケットスタディ データベーススペシャリスト [第2版]

具志堅融、河科湊著
秀和システム 1,500円

データベーススペシャリスト試験は同じパターンの出題が多いため、過去問をたくさん解くことが合格の早道です。しかし、難易度の高い過去問を解くには、勉強が必要であり、多くの時間と労力を必要とします。本書は、プロの講師が推奨する、テキストを少し読み→該当する過去問を解き→理解を深めるというアジャイル的学習法で、驚くほど短時間で合格するツボとコツを解説します。"すき間時間"を活用して効果的な学習ができます!


注文ページへ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。