ニュース
» 2017年03月06日 10時00分 UPDATE

具体的に何が変わるのか 「Q&A」も公開:マイクロソフト、「Yammer」を「Office 365グループ」に統合

マイクロソフトが「Yammer」を「Office 365グループ」に統合すると告知。Yammerから各種のOffice 365共有リソースに直接アクセスできるようにする。

[@IT]

 米マイクロソフトは2017年3月2日(米国時間)、エンタープライズSNS「Yammer」をOffice 365のコラボレーションサービス「Office 365グループ」に統合すると告知した。

 Office 365グループは、Office 365を使用するチーム単位で1つのIDを提供するグループメンバー管理と共同作業を支援するサービス。今後、Yammerで新グループを作成すると、そのグループが自動的にOffice 365グループサービスの対象となるように動作する。グループメンバーは「OneNote」ノートブック、タスク管理のための「Planner」、「SharePoint Online」チームサイトとドキュメントライブラリといった共有リソースに、Yammerからも直接アクセスできるようになる。

photo 「Yammer」がOffice 365グループに統合される

 Office 365グループへのYammerの統合はまず、企業がOffice 365のIDを自社のネットワークへ適用しており、かつ、1つのOffice 365テナントにYammerネットワークを1つだけ関連付けている場合に利用できるようにする。続いて以降の開発フェーズで、既存のその他のYammerグループを残りのOffice 365テナントにおいても連携できるようにする予定。併せて、Outlookの予定表やSharePoint Online、Plannerと統合する機能拡張も計画されている

 この他の管理者向けには、Yammerで「Azure Active Directory(Azure AD)」の属性(ロール、位置、マネジャーなど)に基いてグループメンバーを管理できる機能も提供する予定。これにより、組織構造に応じて、特定のグループに適切なメンバーを動的に含めることが可能になるという。

 具体的に何がどのように変わるのか。よく寄せられる質問として公開されたQ&Aは以下の通り。

Q:自社のテナントが新しいYammerグループエクスペリエンスの対象になるかどうかを知るには、どうしたらよいか?

 統合の当初の要件を満たすには、Office 365テナントにYammerネットワークが1つだけ関連付けられていて、Office 365のIDが適用されている必要がある。テナントにおける構成の要件に関する詳細は、サポート記事「YammerとOffice 365グループ」で解説されている。

Q:既存のYammerグループは、Office 365に接続されたYammerグループに変換されるのか?

 2017年3月現在は、当初の統合要件を満たすYammerで作成された新しいグループのみが、Office 365に接続されたYammerグループになる。マイクロソフトは今後数カ月をかけて次のフェーズを開発し、既存の未接続のYammerグループも変換できるようにする。

Q:自社のテナントでOffice 365グループの作成を無効にすると、Yammerで作成したグループは、Office 365に接続されたグループになるのか?

 ならない。Office 365グループの作成を無効にすると、Yammerで作成したグループはOffice 365グループには接続されない。

Q:Office 365に接続されたYammerグループにメッセージを投稿すると、そのメッセージはOutlookの同じグループにも届くか?

 届かない。会話はOutlookのグループか、接続されたYammerグループのいずれか一方で行われる。この場合はYammerグループで行われることになる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。