ニュース
» 2017年03月07日 11時00分 UPDATE

ETC2.0を軸に、物流事業者向けIoT車両運行管理の革新を支援:丸紅とOKI、「ETC2.0車両運行管理支援サービス」の社会実験を開始

丸紅と沖電気工業がETC2.0を利用した物流事業者向けの車両運行管理支援サービス実験を共同で開始。ETC2.0を軸に、物流の効率化を図るIoTソリューションの開発を目指す。

[@IT]

 丸紅と沖電気工業(OKI)は2017年3月6日、道路交通システムの新世代版「ETC(Electronic Toll Collection System)2.0」を利用した物流事業者向けの車両運行管理支援サービス実験を共同で開始したと発表した。

 ETC2.0では、これまでの有料道路の料金徴収に加え、安全運転や渋滞回避を支援する情報の提供、走行状況や車両情報を利用した運行管理支援サービスの提供、駐車場決済を始めとする民間サービスとの連携など、車両や交通/社会システムなどで得られたデータを活用したサービスの拡充が計画されている。

photo 2016年4月に開始された「ETC2.0」サービス

 同実験は、国土交通省国土技術政策総合研究所が公募した「ETC2.0車両運行管理支援サービス」に関する第II期社会実験に関する取り組みの一環として、トラック輸送の生産性と安全性の向上を主目的に、ETC2.0を活用した新世代サービスの有効性を評価するもの。法人向けMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)/MVNE(Mobile Virtual Network Enabler:仮想移動体サービス提供者)事業を展開する丸紅無線通信の無線通信サービスと、OKIのETC2.0に対応した車両運行管理支援サービス「Locoもび」を組み合わせた車両運行管理支援サービスを、丸紅ロジスティクスとアルテリア・ネットワークスに提供して実施する。

 丸紅とOKIは、同実験の先に、スマートフォン搭載センサーから取得する各種の情報、自己故障診断情報の通信用端子「OBD II」から取得する燃費や車速などの情報、ユーザーが装着するウェアラブル機器から取得する心拍数などのデータなども活用していくことを見据え、業務の多様化や労働力不足に直面する物流業務の環境改善や効率化を図るIoTソリューションの開発を進めるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。