Special
» 2017年03月08日 07時00分 公開

自動停止タイマーやテンプレート機能で安心&楽々:「Oracle Ravello Cloud Service」はソフトウェアのトレーニング環境として使えるか? ソフトバンク コマース&サービスが検証 (2/3)

[PR/@IT]
PR

これはうれしい! 「自動停止タイマー」で使いすぎを防止

 読者の多くは、Oracle Ravello Cloud Serviceのパフォーマンスも気になることだろう。これについて検証した結果、一時的にレスポンスが低下する現象が見られたという。もっとも、「これはOracle Ravello Cloud Serviceの問題というよりも、その基盤として使われている各IaaSの特性によるものでしょう」と幸田氏は話し、「当社のようにトレーニング環境で使うケースならば、特に問題のないレベル」との見解を示した。

 Oracle Ravello Cloud Serviceには、トレーニング環境として利用する際に有用な機能も備わっている。それは、仮想マシンの利用時にタイムリミットを設定し、期限が来たら自動停止させる機能だ。

 「自動停止機能が提供されているところは、Oracle Ravello Cloud Serviceの非常に優れた点です。事前に設定した時間が経過したらサービスを止められるため、無用に動き続けて利用料金がかさんでしまう心配がありません。これは当社にとってうれしい機能ですね」(幸田氏)

意図しない使いすぎを防ぐ「自動停止タイマー機能」を備える

 また、先頃のバージョンアップによって課金機能が強化され、チームや部門の単位で利用額の上限を設定し、使用状況を定期的にレポートするといった機能が追加されているという。

チーム/部門単位での利用限度額も設定できる

 以上のような検証の結果、幸田氏は「当社のトレーニング環境という用途では、Oracle Ravello Cloud Serviceは問題なく使えるサービス」と結論づけた。コストについても、問題なく利用できる範囲に収まると試算している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年4月2日

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。