連載
» 2017年03月08日 05時00分 UPDATE

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(78):Adobe Flash Playerの緊急のセキュリティ更新をサーバにインストールできない?

Windows Server 2012以降のWindows Serverに「Adobe Flash Playerのセキュリティ更新が来ないのはなぜ?」「手動でもインストールできないのはどうして?」と疑問に思っている管理者の方はいないでしょうか。Adobe Flash Playerが入っていれば更新されるし、入っていなければ当然、更新されません。そして、脆弱性の影響を受けないのだから、入っていないに越したことはありません。

[山市良,テクニカルライター]
「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

2017年2月の更新は3月に延期されたが、2月22日に緊急1件配布

 マイクロソフトの定例の「Patch Tuesday(毎月第二火曜日、日本はその翌日の水曜日)」、2017年2月は何やら重大な問題があったそうで、3月の更新に含める形で延期されました。その影響は、Office 365 ProPlusの更新にも及んでいることから、特定の更新プログラムの問題ではないような気がしていますが、真相はやぶの中です。

私たちの最優先事項は、お客様のシステムを維持し、保護する際に最良の体験をお客様に提供することです。今月、更新プログラム公開の直前に問題を発見しました。その問題は一部のお客様に影響を与える可能性があり、本日予定していた更新までに解決に至りませんでした。……2017/2/15更新:3月の月例セキュリティ更新プログラム公開(2017年3月14日(米国日付))の一部として更新プログラムを配信する予定です。

The Deferred Channel release scheduled for February 14, 2017 has been delayed. We apologize for any inconvenience this may cause.(※こちらは2017年2月23日までに正常化したようです)

 筆者としては、2月のPatch Tuesdayに予定されていた「Adobe Flash Player」の更新が提供されないことで、他のプラットフォームは更新されているのに「Internet Explorer」と(Windows 10の)「Microsoft Edge」のプラグインの脆弱(ぜいじゃく)性が3月中旬まで放置されるのではどうしたものかと、気になっていました。

 しかし、ちょっと遅れましたが、2017年2月22日に「緊急のセキュリティ更新プログラム」として無事配布されました。このセキュリティ更新プログラムで、Internet ExplorerとMicrosoft EdgeのAdobe Flash Playerのバージョンは「24.0.0.221」に更新されます(画面1)。

画面1 画面1 さすがに3月中旬まで延期されることはなかった、Adobe Flash Playerの更新(24.0.0.221)

サーバに更新をインストールできないのはなぜ?

 ご存じの方も多いと思いますが、Windows 8以降、Internet Explorer(およびWindows 10のMicrosoft Edge)のAdobe Flash Playerは“Windowsに同梱される”形で提供され、Windows Updateを通じて更新されるようになりました。Windows Server 2012以降も同様です。

 しかし、サーバ管理者の中には、Windows Server向けのAdobe Flash Playerのセキュリティ更新が、Windows Updateで検出される場合と、されない場合があることに疑問を持っている人もいると思います。

 セキュリティ更新が検出されないのは、単に“Adobe Flash Playerのコンポーネントが存在しない”からであって、正常な動作です。全く問題はありません。無理に手動でセキュリティ更新をインストールしようとしても、「この更新プログラムはお使いのコンピューターには適用できません」というメッセージが表示されるだけです(画面2)。

画面2 画面2 Windows Server 2012以降のWindows Serverには、Adobe Flash Playerのセキュリティ更新が必要な場合と不要な場合がある

 「Windowsに同梱される」と話が違うじゃないかと思うかもしれませんが、Windows Server 2012以降の既定のインストールには、Adobe Flash Playerのコンポーネントは含まれません。

 Windows Server 2012/2012 R2では「GUI使用サーバー」のインストールオプションでインストールされた環境で、オプションの機能である「ユーザーインターフェイスとインフラストラクチャ」の「デスクトップエクスペリエンス」がインストールされている場合に、Adobe Flash Playerのコンポーネントがインストールされます(画面3)。

画面3 画面3 Windows Server 2012/2012 R2は、オプションの「デスクトップエクスペリエンス」の機能にAdobe Flash Playerのコンポーネントが含まれる

 Windows Server 2016では「Windows Server 2016(デスクトップエクスペリエンス)」のインストールオプションでインストールされた環境で、「リモートデスクトップサービス」の「リモートデスクトップセッションホスト」の役割サービスがインストールされている場合に、Adobe Flash Playerのコンポーネントがインストールされます(画面4)。

画面4 画面4 Windows Server 2016では「リモートデスクトップセッションサービス」の役割サービスにAdobe Flash Playerのコンポーネントが含まれる

 ちなみに、Windows Server 2016からは「デスクトップエクスペリエンス」の機能の追加や削除ができなくなりました。また、Windows Server 2012やWindows Server 2012 R2では可能だった、GUI環境と「Server Coreインストール」のインストール後の切り替えもできなくなりました。

 なお、当然のことですが、Internet ExplorerがインストールされないServer Coreインストールと、Windows Server 2016の「Nano Server」には、Adobe Flash Playerのコンポーネントは含まれないので、Adobe Flash Playerのセキュリティ更新は不要です。

 Windows ServerにInternet Explorer用のAdobe Flash Playerがインストールされているかどうかは、コントロールパネルの「すべてのコントロールパネル項目」を開き、「Flash Player(32ビット)」が存在するかどうかで、簡単に判断できます(画面5)。

画面5 画面5 コントロールパネルに「Flash Player(32ビット)」があれば、Adobe Flash Playerの脆弱性の影響を受けるため、Adobe Flash Player用のセキュリティ更新が検出される

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。近著は『Windows Server 2016テクノロジ入門−完全版』(日経BP社)。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。