ニュース
» 2017年03月10日 10時00分 UPDATE

追われる社会人、追う小中学生という構図も:サイバーセキュリティなくして東京2020大会なし 秋葉原で「サイバーコロッセオ×SECCON 2016」開催 (1/2)

総務省、SECCON実行委員会、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が主催する「サイバーコロッセオ×SECCON 2016」が開催。学生チーム、若手社会人チームの全24チームが昨今のセキュリティ動向を織り込んだ難題に挑んだ。

[高橋睦美,@IT]

 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は2017年3月4日、5日の2日間に渡って、サイバーセキュリティの普及啓発を目的としたイベント「サイバー攻撃を目撃せよ! 2017」を開催した。

 同イベントは、にぎわう週末の東京・秋葉原で、アニメ映画『劇場版ソード・アート・オンライン』の声優や原作者などを招いたトークイベントやAR(Augmented Reality:拡張現実)/VR(Virtual Reality:仮想現実)に触れられる場などを設けて行われた。普段セキュリティに興味を持たない層に振り向いてもらうきっかけを作ることが狙いだ。事実、オリジナルクリアファイルが頒布されるスタンプラリーは、用意した数が全てなくなるほど盛況だった。

 3月5日には、そのスタンプラリーの人の流れとは逆方向に当たる会場の2階で「サイバーコロッセオ×SECCON 2016」(総務省、SECCON実行委員会、日本ネットワークセキュリティ協会主催)が行われた。国内最大級のCTF(Capture The Flag)大会「SECCON」と、総務省のセキュリティ演習事業「サイバーコロッセオ」のコラボイベントで、30歳以下のエンジニアで構成された24チームが参加した。

photo 柵で囲い「コロッセオ」感を演出した会場。東京オリンピック・パラリンピックの公認プログラムともなった

サイバーセキュリティなくして東京2020大会なし

 サイバーコロッセオは、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会を想定した演習の総称だ。大会システムの模擬環境を構築し、オリンピック開催時を想定したさまざまな攻撃手法とそれに対する防御策を検証、演習することで、座学で得た知識を体得し、スキルアップを図る趣旨だ。組織委員会で実際にオリンピックシステムの運営に当たる担当者の訓練も実施するという。

 サイバーコロッセオ自体は関係者のみだが、そのコラボイベントという位置付けのサイバーコロッセオ×SECCON 2016は自由に見学できる。これまでは設備の関係上、大学のキャンパスなどを用いて実施されることの多かったSECCON CTFだが、秋葉原という場所で公開されたこともあって、より多くの人の目に触れたようだ。

photo 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 警備局長の今井勝典氏

 サイバーコロッセオ×SECCON 2016はまた、サイバーセキュリティ分野では初めて、オリンピックの「公認プログラム」となった。競技後の表彰式で東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 警備局長の今井勝典氏は、「サイバーセキュリティなくして東京2020大会なし。大会を支える数々のITシステムや、そのバックにある重要インフラが正常に稼働してはじめて東京大会が成功し、アスリートのもたらす感動が生まれる」と述べた。

 今井氏はさらに「既に独自のCSIRT、『CIRT 2020』を立ち上げて訓練や情報収集に取り組み始めているが、サイバー空間の安全は、組織委員会の努力によってのみ達成できるものではない」と述べ、官民が協力してサイバーセキュリティの底上げに取り組むことが重要だと呼び掛けた。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。