Special
» 2017年03月16日 07時00分 公開

Database Cloudも活用し、移行期間を大幅短縮:リコーが次期統合IT基盤の1つにOracle Exadataを採用 保守コストを2割削減し、バッチ処理は27倍高速化 (2/3)

[PR/@IT]
PR

スキーマ統合の弱点はマルチテナントで解消 既存環境の課題を解決するべくOracle Exadataを選定

 この検討を進める中で「性能/運用の要件が厳しいシステムは安易に統合できない」「そもそもシステムの可搬性が低いため、移行に多くのコストがかかる」といった課題が浮上するが、それらを解決するために宮腰氏が注目したのがOracle Database 12cで導入されたマルチテナント機能(Oracle Multitenant)である。リコーにとってのマルチテナント機能のメリットを、宮腰氏は次のように説明する。

 「統合OracleサーバはRAC構成、HA構成、冗長化なしの3パターンがありますが、実はインスタンスの数はそれほど多くありません。それぞれのインスタンスでスキーマ統合することによって集約しているからです。ただし、スキーマ統合ではインスタンスを停止した際、全てのスキーマが停止するため、停止時間の調整が難しいという問題に悩まされます。これを何とかできないかと調査する中で、マルチテナント機能が解決策になるのではないかと考えました」

リコーが目指す、「これからのDB利用のあるべき姿」

 そこで、宮腰氏らは現状の課題をあらためて洗い出し、日本オラクルのスタッフも交えて、その解決策を練る作業に取りかかる。例えば、「特殊な性能要件のシステムには個別に対応する」という課題については、「Oracle Exadataに備わるExadata SmartScanやExadata I/O Resource Managerが有効な解決策になる」といった具合だ。Exadata SmartScanは問い合わせに対して結果となる行や列だけをストレージからデータベースに返すことで内部的に転送するデータ量を大きく減らし、大規模データベースシステムで深刻な問題となるストレージI/Oのボトルネックを解消する技術だ。また、Exadata I/O Resource ManagerはワークロードごとのI/Oリソースを動的に制御し、各データベースのレスポンスを適正に保つ技術である。

DB刷新に向けた課題整理と解決策

 これらの検討を重ねた結果、最終的に「Oracle Exadataの導入がベスト」だと判断し、情報系の統合データベース基盤として導入することを決める。

データベースの継続的な性能改善にSQL Tuning Advisorを活用

 Oracle Exadata上で実行するデータベースについては、最新のOracle Database 12cを採用した。その理由について、宮腰氏は「まずマルチテナント機能に非常に興味があり、積極的に活用したかった」と説明する。なお、Oracle Exadataを導入する際には従来のプラットフォームとのコスト面での比較も行ったが「Oracle Exadataのほうが若干安かったこともあり、最終的にOracle Database 12cとOracle Exadataの組み合わせに決めました」と宮腰氏。

 実際に導入したのはOracle Exadata X6-2 Eighth Rackであり、1次バックアップのために「Oracle ZFS Storage ZS3-2」がInfiniBandによって接続されている。また、「Oracle StorageTek SL150 Tape Library」を組み合わせることで遠隔地保管も可能とした。

リコーグループの新たな統合DB基盤構成

 データベース管理のために「Oracle Enterprise Manager 13c」も導入した。

 「ハードウェアからソフトウェアまで、オラクル環境に関してさまざまな情報を得られるほか、オプション機能のSQL Tuning Advisorを使うことでデータベースチューニングのアドバイスまで得られると知り、導入を決めました。現在はシステムがカットオーバーしたばかりであり、実際の効果を検証するのはこれからですが、SQL Tuning Advisorを活用すればSQLについて高いスキルがなくても容易にチューニングが行えるとのことなので、これには大いに期待しています」(宮腰氏)

Oracle Enterprise Manager 13cによるExadata管理
Oracle Enterprise Manager 13cによる監視&自動チューニング

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年4月15日

人気記事ランキング

本日月間

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。