連載
» 2017年03月15日 05時00分 UPDATE

仕事が「つまんない」ままでいいの?(27):5年後をイメージできないエンジニアのための「目標の立て方」 (1/5)

ビジネスシーンでは目標の大切さがよく語られます。しかし、「目標を立てろと言われても、やりたいことが分からない」という人も多いのでは?

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]

 「5年後をイメージして目標を立てなさい」「やりたいことを明確にしなさい」――よくいわれる言葉です。けれども、「目標が立てられない」「やりたいことが分からない」という人も多いはず。

 これ、ビジネスシーンでは結構風当たりが強いですよね。また、「将来をイメージできない私って、ダメな人なのかな」と、自信をなくした経験がある人もいるかもしれません。

 だからといって、「将来が全く描けない」のも不安です。人生をマラソンに例えることがよくありますが、もし、ゴールが分からなかったら、どこへ行ったらいいのか分からず、さまよいながら走り続けなければなりません。

 「目標設定」が苦手でも、「やりたいこと」が分からなくても、何かしらの「こういう状態が理想なんだよね」があれば、不安が減って、もう少し働きやすく、生きやすくなるのではないかと思います。

 そこで今回は、5年後をイメージできない人の「目標の立て方」について見ていきます。

目標とかビジョンとか、分かんないよ!
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。