ニュース
» 2017年03月27日 09時15分 UPDATE

「Enterprise Cloud」と「Azure」を統合し、窓口の一元化が可能に:NTTコミュニケーションズとマイクロソフト、ハイブリッドクラウド基盤の展開で協業

NTTコミュニケーションズと日本マイクロソフトがハイブリッドクラウドサービスの展開で協業する。「Enterprise Cloud」上で「Microsoft Azure」のPaaSをオプションとして選択できるようにし、契約やサポートなどの一元化も推進する。

[@IT]

 NTTコミュニケーションズと日本マイクロソフトは2017年3月24日、企業向けハイブリッドクラウド基盤の開発で協業すると発表した。両社がそれぞれ展開するクラウドサービスを連携させ、サービス開発や販売促進、人材育成などで協調する。

photo 協業展開するハイブリッドクラウド基盤のサービスイメージ

 協業内容の1つ目は、NTTコミュニケーションズが提供する「Enterprise Cloud」とマイクロソフトの「Microsoft Azure」において、それぞれが提供するクラウドベースの各サービスをシームレスに連携した、ハイブリッドクラウドサービスを共同で開発し、提供するというもの。

 まず2017年4月から、「Azure Site Recovery」「Azure Backup」「Azure Virtual Machines」「Azure Storage」をEnterprise Cloudのオプションとして選択利用できるようにし、Enterprise Cloudの管理ポータル「CMP(Cloud Management Platform)」上での一元管理を実現する。契約からサポートまで、ワンストップのサービス体制も提供する。

 追って、Azure上で提供されるその他のPaaS(Platform as a Service)も、Enterprise Cloudのオプションとして提供できるようにする計画。また、相互接続環境をオンデマンドで提供できる仕組みをソフトウェアデファインド技術を活用して開発し、さらなるハイブリッドクラウド環境の利便性や信頼性の向上を図るという。

 2つ目は、NTTコミュニケーションズによる「Azure運用管理サービス」の提供だ。2017年4月1日から、同社の企業向けICT基盤運用管理サービス「Global Management One」の対象として、AzureのIaaS(Infrastructure as a Service)を加える。NTTコミュニケーションズは、日々の運用業務やサイトリカバリーの定期リハーサルなどをアウトソースすることで、運用負荷を軽減でき、かつTCO(Total Cost of Ownership)削減につながると述べている。

 3つ目は、中堅中小企業のクラウド移行を支援する取り組みの一環として、「Office 365」の訴求を共同で行っていくというもの。具体的には、Office 365とNTTコミュニケーションズが提供する各ソリューションにおいて、契約やサポート窓口を1社で一元化できるようにする。サポートはNTTコミュニケーションズのコンタクトセンターが提供する

 4つ目は、クラウド人材育成の共同展開だ。NTTコミュニケーションズは、所属する100人以上のエンジニアに対してマイクロソフトのクラウドサービスの技術習得を一層進めるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。