ニュース
» 2017年04月07日 10時00分 UPDATE

インテルの汎用インフラ上での大幅な性能向上を目指す:インテルとPFN、ディープラーニング向けOSSフレームワーク「Chainer」の開発で協業

米インテルとPreferred Networksは、ニューラルネットワーク向けフレームワーク「Chainer」の開発で協業する。インテルアーキテクチャ向けにChainerを最適化する。

[@IT]

 インテルとPreferred Networks(以下、PFN)は2017年4月6日、PFNのニューラルネットワーク向けオープンソースフレームワーク「Chainer」の開発で協業すると発表した。

photo 「Chainer」のWebサイト

 Chainerは、米グーグルが開発する「TensorFlow」と並んで、ディープラーニングに代表されるニューラルネットワークの実装に広く利用されているフレームワーク。インテルは今回の協業を通じて、同社が開発する数学関数や数値演算向けライブラリ「Math Kernel Library」や「Math Kernel Library Deep Neural Network」を、Chainerに適用する。これによって、インテル Xeon プロセッサーやインテル Xeon Phi プロセッサー、Arria FPGAシリーズといったインテル製プロセッサやFPGA(Field Programmable Gate Array)を備えたシステムで、Chainerの処理性能向上を図る。

 今回の協業によって、両社は以下の5点に取り組む。

  1. インテルアーキテクチャを採用したシステムに向けて、Chainerを継続的に最適化する
  2. Chainerのアップデートに対して継続的に対応する
  3. インテルのプロセッサやFPGA、ライブラリなどのアップデートに合わせて、継続的にChainerを最適化させる
  4. インテルのGitHubで、協業成果を開発者コミュニティーに公開する。
  5. AI(Artificial Intelligence:人工知能)やディープラーニング市場の成長を加速するためのプロモーション活動で協業する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。