連載
» 2017年10月20日 05時00分 公開

Tech TIPS:Windows 10 Fall Creators Updateを手動でインストールする

Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」の配信が開始された。Windows 10 Fall Creators Updateは、順次配信されるローリングアップデートが採用されているため、すぐに検証したい場合、手動でインストールする必要がある。その方法を解説する。

[デジタルアドバンテージ,小林 章彦]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10(Enterprise Editionを除く)


 Windows 10 Fall Creators Updateバージョン1709、ビルド番号16299。以下、Fall Creators Update)が、2017年10月17日(米国時間)から提供が開始されている。ローリングアウト(ローリングアップデート)のため、10月17日に全てのWindows 10に対して一斉配信されるわけでなく、順次配信されることになる(すでにWindows 10 Fall Creators UpdateがWindows Updateで提供されている人も多いようだが)。

 そのため、社内システムや自社アプリケーションの互換性検証のためには、Fall Creators Updateを手動でダウンロードしてインストールする必要がある。ただし、Enterprise Editionについては、現時点では下記の方法によるFall Creators Updateのインストールには対応していないので注意したい。

Windows 10 Creators Updateへの更新用ツールの入手と起動

 すでにWindows Updateによって、デスクトップ上に「Windows 10更新アシスタントWindowsアップグレードアシスタントの場合もある)」がインストールされている場合は、そのアイコンをダブルクリックして、実行する。[Windows 10更新アシスタント]ウィザードが起動して、[今すぐ更新]ボタンが表示された場合は、それをクリックしてウィザードを進めればよい。

Windows 10更新アシスタントでFall Creators Updateをインストールする Windows 10更新アシスタントでFall Creators Updateをインストールする
デスクトップに[Windows 10更新アシスタント]アイコンがある場合は、これをダブルクリックして実行する。[Windows 10更新アシスタント]ウィザードが起動するので、[今すぐ更新]ボタンをクリックすると、Fall Creators Updateのインストール作業が開始される。

 もし、そのアイコンがない場合、もしくはWindows 10更新アシスタントをアンイストールしてしまった場合は、以下のマイクロソフトのWebページを開き、[今すぐアップデート]のリンクをクリックする(このリンクはWindows 10上で実行している場合にのみ表示される)。

 「Windows10Upgrade9252.exe」がダウンロードできるので、これを実行する。Windows 10更新アシスタントがインストールされて、デスクトップに[Windows 10更新アシスタント]アイコンが作成される。自動的に[Windows 10更新アシスタント]ウィザードが起動するので、ウィザードの指示に従って進めればよい(アイコンのみ削除した場合は、C:\Windows10Upgrade\Windows10UpgraderApp.exeを実行する)。

「Windows 10 のダウンロード」ページの画面 「Windows 10 のダウンロード」ページの画面
Windows 10 Fall Creators Updateを手動で適用するには、この画面を開いて[今すぐアップデート]ボタンをクリックして、「Windows10Upgrade9252.exe」をダウンロードする。

 なお「Windows 10更新アシスタント」をクリックして、Fall Creators Updateにアップデートしていないにもかかわらず、「Windows 10の最新バージョンに更新していただきありがとうございます」と表示される場合も、上記の手順でWindows 10更新アシスタントを再インストールすることで、Fall Creators Updateへのアップデートが行えることがある。またWindows 10 Creators Updateを適用していない場合(Windows 10 Anniversary Updateのまま)でも、直接、Fall Creators Updateへのアップデートが行えるようだ。

Creators Updateが未適用のWindows 10でもFall Creators Updateが可能 Creators Updateが未適用のWindows 10でもFall Creators Updateが可能
Windows 10 Creators Updateが未適用の場合でも、[Windows 10更新アシスタント]でCreators Updateをスキップして、Fall Creators Updateへのアップデートが可能なようだ。ただし、Creators Updateにはアップデートできなくなっているので注意したい。

 上のページで[ツールを今すぐダウンロード]をクリックすれば、メディアクリエーションツール(MediaCreationTool.exe)がダウンロードできる。これを使うとインストールUSB/DVDを作成可能だ。複数のPCにインストールしたい場合は、メディアクリエーションツールを使って、インストールUSBなどを作成するとよいだろう(「TIPS「メディア作成ツールをダウンロードしてWindows 10インストール用のUSBメモリを作る」参照のこと)。

Windows 10 Fall Creators Updateへの更新

 [Windows 10更新アシスタント]ウィザードが起動したら、更新する場合は、画面右下の[今すぐ更新]ボタンをクリックする。そのPCがFall Creators Updateへの更新に対応しているかどうかのチェックが行われ、対応している場合は自動的にインストールパッケージのダウンロードならびにインストールが行われる。

[Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(1) [Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(1)
PCがFall Creators Updateの更新に対応しているかどうかのチェックが行われる。CPU、メモリ、ディスク領域に問題がなければ、インストール作業が進められる。[次へ]ボタンをクリックすると、Fall Creators Updateのダウンロードが開始される。

[Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(2) [Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(2)
Fall Creators Updateのダウンロードと展開には、30分ほどかかるようだ。ダウンロード中、作業を行いたい場合は、[最小化]ボタンをクリックすることで、ウィザード画面を最小化することができる。また、更新をキャンセルする場合は、[更新をキャンセル]のリンクをクリックする。ダウンロードしたファイルが削除され、更新を中止できる。

 Fall Creators Updateのダウンロード/インストール中(最初の再起動前まで。30分ほど)は、ウィザードを最小化して作業を継続することが可能だが、PCの性能によっては反応が鈍くなるので注意したい。また、Fall Creators Updateのインストールには1時間以上かかるので、時間に余裕があるときに適用作業を行いたい。

[Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(3) [Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(3)
Fall Creators Updateのダウンロードと展開には、30分ほどかかるようだ。ダウンロード中、作業を行いたい場合は、[最小化]ボタンをクリックすることで、ウィザード画面を最小化することができる。また、更新をキャンセルする場合は、[更新をキャンセル]リンクをクリックする。ダウンロードしたファイルが削除され、更新を中止できる。

 Windows 10 Creators Updateの際は、プライバシーやCortanaの設定が必要になったが、(Windows 10 Creators Updateからアップデートする場合の) Fall Creators Updateではこうした設定は行われず、すぐにサインインが可能だ。

Windows 10 Fall Creators Updateのバージョンの確認

 Fall Creators Updateに更新済みかどうかは、[設定]−[システム]−[バージョン情報]を開くか、Cortanaの入力ボックスに「winver」と入力から[Enter]キーを押して表示される[Windowsのバージョン情報]画面で、「バージョン」が「1709」であることを確認するとよい。

Windows 10のバージョン情報画面 Windows 10のバージョン情報画面
[設定]−[システム]−[バージョン情報]を開き、右ペインの「バージョン」を確認する。バージョン番号が「1709」であれば、Fall Creators Updateの適用済みである。

[Windowsのバージョン情報]画面 [Windowsのバージョン情報]画面
Cortanaの入力ボックスに「winver」と入力から[Enter]キーを押して表示される[Windowsのバージョン情報]画面で、バージョン番号が「1709」であれば、Fall Creators Updateの適用済みである。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。