Special
» 2017年04月17日 07時00分 公開

「まずはOracle Cloudでお試し」も可能:「Oracle Advanced Analytics」で今すぐ「機械学習」を始める! 既存データベースをそのまま使えて“便利”で“高速”、そして“簡単” (3/3)

[PR/@IT]
PR
前のページへ 1|2|3       

機械学習への第一歩から現場への導入までをオラクルが一貫してサポート

 今日、アナリティクスの知見をビジネスに生かすためにOracle Advanced Analyticsを活用する企業の数は急速に増えており、公開されている事例だけでも全世界で20社以上に及ぶ。このように急ピッチで増加している背景には、高度なデータ分析へのニーズの高まりに加えて、オラクルの手厚い支援があるようだ。

Oracle Advanced Analyticsを既に活用している企業

 実際、日本オラクルでも、機械学習の基本から解説する初学者向けセミナーをはじめ、企業が自社のデータを競争力強化につなげるための分析環境の構築や分析結果の業務への適用に関するコンサルティングサービスなどを提供している。

 「今、データ分析や機械学習に関心を寄せる企業の多くが、それを実際の業務に生かせるかどうかに確信が持てず、最初の一歩を踏み出せずにいます。日本オラクルでは、Oracle Advanced Analyticsなどのツールだけでなく、機械学習とは何か、どのように使うのかといった初歩的な疑問を解決するセミナーから、現状のシステムで使われているデータをどう分析すればよいのか、その結果をどのようにして業務に生かすのかといったコンサルティングサービスまで、幅広い支援サービスを提供しています。Oracle Databaseをお使いの企業の皆さまは、これらのセミナーやサービスをぜひご活用いただきたいと思います」(武井氏)

 Oracle Databaseは今日、さまざまなシステムで業務データの管理に利用されている。そこに蓄積されたデータからさらなる価値を生み出したいと考える企業にとって、Oracle Advanced AnalyticsによるIn-Databaseなアナリティクス環境は最も手軽な手段だといえる。本記事を読んで関心を持たれた読者は、まず従量課金で利用可能なOracle Database Cloud Service(High Performance Package)でお試しいただくのもよいだろう。

photo オラクル データベース インサイダー記事一覧
前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年5月16日

人気記事ランキング

本日月間

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。