ニュース
» 2017年04月18日 10時00分 UPDATE

「銀行API対応アプリ」「SPA」などの開発を容易に:NEC、業務システム基盤構築ソフトウェア「SystemDirector Enterprise」の機能を強化

NECは、業務システム基盤構築ソフトウェア「SystemDirector Enterprise」の機能強化を実施。APIを利用した業務アプリケーション開発を容易にする機能、スマートデバイス対応のSPA開発を効率化する機能などを追加した。

[@IT]

 NECは2017年4月17日、ソフトウェア開発環境「SystemDirector Enterprise」の新バージョンを発表。併せて、既存の業務アプリケーションの保守を効率化する「SystemDirector Enterprise Asset Innovation Suite」を刷新した。

photo APIを活用した業務アプリケーションの開発機能を実装した

 今回リリースされたSystemDirector Enterpriseの新バージョン「V9.4」では、Open API Specificationに準拠するAPI(Application Programming Interface)を利用した業務アプリケーションの開発に対応した。具体的には、Open API Specificationに準拠したJSON(JavaScript Object Notation)形式のAPI仕様をリアルタイム開発デザイナーにインポートして画面テンプレートを自動生成する機能をはじめ、API使用と画面の詳細な関係をグラフィカルに設計できる機能、APIを活用した業務アプリケーションを自動生成できる機能を提供する。

 この他に、スマートデバイスなど、複数のデバイスにシングルソースで対応可能なSPA(Single Page Application)の開発を効率化する機能も新たに備えた。SPAの画面遷移や画面レイアウトをグラフィカルに設計でき、設計データから機能設計書を自動生成する機能も備えている。

photo SPA開発を効率化する機能も備えた

 一方のSystemDirector Enterprise Asset Innovation Suiteは、既存の業務アプリケーション資産を解析することで、主要構造や資産関係を抽出し、資産を可視化するツール。既存システムの構造を効率的に理解できるようにし、資産間の関係情報を把握することで資産改修時のリスク低減を図るシーンで活用される。新バージョンの「V2.0」では、NEC独自の第4世代言語「IDL II」で開発したプログラムを新たにサポート対象に追加し、機能を刷新。前バージョンで対応していたCOBOLやCOBOL/Sと組み合わせて、より多くの業務アプリケーションの棚卸しや、可視化/診断が可能になるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。