ニュース
» 2017年04月19日 11時00分 UPDATE

従来製品比7倍の書き込み性能を実現:デルとEMC ジャパン、NVMe SSDを採用したHCI「爆速 vSAN ReadyNode」をリリース

デルとEMC ジャパンが、NVMe SSDを採用した高負荷ワークロード向けのハイパーコンバージドインフラストラクチャ製品を発表。通称を「爆速 vSAN ReadyNode」とし、既存のSSD採用モデルと比べて、約7倍のデータ書き込み性能を実現する。

[@IT]

 デルとEMC ジャパンは2017年4月18日、NVMe(Non-Volatile Memory Express) SSDを採用したハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)製品「NVMe搭載 ReadyNode for vSAN」(通称:爆速 vSAN ReadyNode)の販売を開始したと発表した。

photo 「ReadyNode for vSAN」シリーズのラインアップ

 ReadyNode for vSANは、SDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義型ストレージ)製品である「VMware vSAN」を採用したHCI製品シリーズ。今回販売が開始された爆速 vSAN ReadyNodeは、キャッシュにNVNe接続のSSDを採用し、さらなる高速化を図ったモデルとなる。従来のSAS/SATA接続SSDを採用したモデルと比べて約7倍のデータ書き込み性能が得られるとしており、仮想化したデータベース管理システム(DBMS)やオンライントランザクション処理(OLTP)、データウェアハウス(DWH)などの大規模な高負荷ワークロード環境向けに展開する。

 爆速 vSAN ReadyNodeは、3ノードで最大240TBのオールフラッシュ構成が可能。最大64ノードまでスケールアップできる。価格は最小構成時で2480万円(税別)から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。