連載
» 2017年04月28日 05時00分 UPDATE

ストレスフルな職場でエンジニアが心穏やかに働くための5段階感情コントロール(5):私の理想が私をイラッとさせる――感情コントロール「ステップ4 感情を切り替える」 (1/5)

感情が生じるスイッチが自分の中にあるのなら、スイッチが切り替わると感じ方そのものが変わってくるかもしれません。

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]

本連載は、書籍「感情スイッチを切りかえれば、すべての仕事がうまくいく。」(竹内義晴著、すばる舎)を基に、出版社の許可を得て、筆者自身が@IT読者向けに再構成したものです。


 突然ですが、あなたはSNSのタイムラインに流れる投稿や写真、また、インターネット上の何らかの記事を読んで、イラっとしたり、「めんどくさいなー」と思ったりしたことはありませんか?

 でも、あなたの思ったこと、感じたこととは反対に、同じ投稿や記事に「いいですね!」「すてきです!」などのポジティブなコメントが付いているのを見たこともあるでしょう。見ている情報は同じなのに、人によって感じ方が変わるなんて。

 ……なぜだろう。

 「同じ情報を見ても、人によって感じ方が異なる」ということは、どんな感情を抱くかは、「目の前の状況がどうか」ではなく、自分にはどのように見えたか、どのように捉えたかによって決まるともいえます。つまり、感情がONになるスイッチは「自分の中にある」ということです。

 感情のスイッチがONになった理由が分かれば、「なるほど、だからこういう感情を抱いたんだな」と納得感が生まれそうです。また、そのパターンが分かれば、感情もコントロールしやすくなるでしょう。

 そこで今回は、感情のスイッチがONになる理由を知り、コントロールしやすくする方法をお話しします。

この投稿、何かイラっとするわね。どうしてなのかしら?(画像はイメージです)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。