ニュース
» 2017年05月09日 11時00分 UPDATE

プライベート/パブリッククラウドで一貫した相互運用性を確保:Dell EMC、Azure Stack向けのターンキー型製品「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表

米Dell EMCが、Azure Stack環境をすぐに利用可能な状態で納品するハイブリッドクラウドプラットフォーム「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表した。2017年後半の提供開始を予定する。

[@IT]

 米Dell EMCは2017年5月4日(米国時間)、「Microsoft Azure Stack(以下、Azure Stack)」向けのターンキー型ハイブリッドクラウドプラットフォーム製品「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表した。2017年後半の提供開始を予定する。

 Azure Stackは、「Microsoft Azure(以下、Azure)」と同じ環境をオンプレミスや自社データセンターに構築できるクラウドプラットフォーム。Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stackは、このAzure Stack環境を購入後すぐに利用できる状態で納品するターンキー(turnkey)型製品として提供する。「Dell EMC PowerEdgeサーバ」「Dell EMC Networking」をハードウェアとして採用し、パブリッククラウドのAzureから、Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stackによるプライベートクラウドまで、一貫してデータを保護し、セキュリティを確保する機能を備える。

 この他、導入計画から導入、運用、サポートにわたるサービスも提供し、ハイブリッドクラウドプラットフォームの最適化や拡張などの管理も請け負う。こうした幅広いサービスも含めて提供することで、「導入企業はITシステム運用管理の心配から開放され、自社のサービス開発や顧客価値向上だけに集中できるようになる」と述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。