Special
» 2017年05月10日 07時00分 公開

2100本超のSQL全量テストの工数を約7割削減:これが“RAT in Cloud”の威力! 外為どっとコムがデータベースアップグレードの期間とコストを大幅圧縮 (2/4)

[PR/@IT]
PR

新旧環境におけるSQLの全量テストにOracle RATの活用を検討

photo フューチャーアーキテクト 執行役員 金融ビジネス本部の掃部孝行氏

 アップグレードの要件を決めた外為どっとコムは、同社のIT戦略パートナーとしてシステム開発/運用全般を担うフューチャーアーキテクトに、要件を満たす最適なアップグレード手法の検討を要請する。フューチャーアーキテクトの掃部孝行氏(執行役員 金融ビジネス本部)は、この検討の中で大きなポイントとなったのは「期間とコストの圧縮」だったと打ち明ける。

 「フューチャーアーキテクトではOracle Databaseのアップグレードに関する経験とノウハウを豊富に蓄積しており、そのための方法論も確立しています。しかし、今回は期間とコストを極力圧縮したいというご要望があったため、まず日本オラクルに相談することにしました」(掃部氏)

 この相談に対応した日本オラクルの高橋敏行氏(クラウドテクノロジー事業統括本部 データベースソリューション本部 金融ソリューション部 セールスコンサルタント)は、2100本を超えるSQLの検証を正確に行いつつ期間とコストの圧縮を図るために、Oracle RATの活用を提案する。

photo 日本オラクル クラウドテクノロジー事業統括本部 データベースソリューション本部 金融ソリューション部 セールスコンサルタントの高橋敏行氏

 「金融機関のお客さまであることから、テストの網羅性や正確性が極めて重要視されますが、それらを実現するには大きなコスト負担が伴います。そこで、私たちはOracle RATを活用したデータベーステスト手法をご提案しました。同製品に含まれる『SQL Performance Analyzer』を使うことで、大量のSQLを網羅的に検証し、なおかつテスト作業を自動化/効率化することが可能となるからです」(高橋氏)

 SQL Performance Analyzerは、本番環境で実行されているSQLのワークロードをSQL Tuning Set(STS)として“キャプチャー”し、それを検証環境(アップグレード前後の環境)で実行して、実行計画や実行時間の変化をレポートとして出力するツールだ。同ツールを使うことで、アップグレード前とアップグレード後の環境の双方でSQLを検証し、その挙動や性能を正確に比較することができるのである。

SQL Performance Analyzerの使用イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年6月9日

人気記事ランキング

本日月間

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。