ニュース
» 2017年05月11日 12時00分 UPDATE

Windows Serverインスタンスもサポート:オラクル、「Oracle Cloud Platform」の次世代IaaSを発表 Oracle RAC/FastConnectなどに対応

オラクルが「Oracle Cloud Platform」の次世代IaaSを発表。Oracle RAC、Oracle FastConnectサービスの他、Windows Server、RHEL、CentOSインスタンスなどに対応する。

[@IT]

 米オラクルは2017年5月9日(米国時間)、同社のクラウド基盤「Oracle Cloud Platform」の次世代IaaS(Infrastructure as a Service)を発表。「Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)」「Oracle FastConnect」「Windows Server/RHELインスタンス」などを新たにサポートし、オンプレミスで稼働するデータベースアプリケーションのクラウド移行をより行いやすくするクラウドサービスを拡充させた。

 次世代IaaSの概要は以下の通り。

  • ベアメタルサーバ上における2ノードOracle RACのサポート:Oracle RACは、障害時やソフトウェアメンテナンス時もデータベースの可用性を維持する機能。クラウドサービスとしての2ノードRACは、オンデマンドで4〜72O CPUにスケーリングできるようにした。
  • Oracle FastConnect:プライベートネットワーク接続をオンデマンドで提供する機能を、コンソールやAPI(Application Programming Interface)を使い、数分でプロビジョニングできるようにする。帯域幅は1Gbpsまたは10Gbps刻みで選択でき、ビジネスニーズに合わせてシームレスにスケールアップ/ダウンが可能。2017年5月現在のグローバルパートナープロバイダーは、EquinixとMegaport。
  • Windows Serverインスタンスのサポート:最大で16O CPU構成の仮想マシンや3台の36O CPUベアメタルサーバにて、Windows Serverインスタンスを提供する。コンピュート、メモリ、ストレージリソースをさまざまな構成で利用できる他、同じ高パフォーマンス仮想クラウドネットワーク上にあるインスタンスタイプ間でイメージのポータビリティを確保できるようにする。
  • CentOS、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)、Ubuntuインスタンスのサポート:Oracle LinuxとWindows Serverに加えて、CentOS、Red Hat Enterprise Linux、Ubuntuも対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。