ニュース
» 2017年05月16日 16時14分 UPDATE

ソリューションの開発も:ニュータニックス・ジャパン、10社と「Enterprise Cloud Association」を設立

ニュータニックス・ジャパンは2017年5月16日、同社のITインフラ運用ソフトウェア「Enterprise Cloud Platform(以下、ECP)」をベースとしたソリューションの開発やベストプラクティスの確立などを目指すグループ「Enterprise Cloud Association」を設立したと発表した。

[三木泉,@IT]

 ニュータニックス・ジャパンは2017年5月16日、同社のITインフラ運用ソフトウェア「Enterprise Cloud Platform(以下、ECP)」をベースとしたソリューションの開発やベストプラクティスの確立などを目指すグループ「Enterprise Cloud Association」を設立したと発表した。

 発足メンバーはニュータニックス・ジャパンの他、エヌビディア、CommVault Systems Japan、シトリックス・システムズ・ジャパン、新日鉄住金ソリューションズ、ソフトバンク コマース&サービス、TIS、東京エレクトロン デバイス、日商エレクトロニクス、ネットワールド、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズの計11社。ECPのユーザー企業や、米ニュータニックスのテクノロジーパートナーにも加入を働きかけていきたいという。

 新グループでは、「ビジネスに直結する活動を行う」とニュータニックス・ジャパン社長の町田栄作氏は説明している。では、一般的なテクノロジーアライアンスプログラムやセールスパートナープログラムとどこが違うのか。通常、こうしたプログラムはベンダーとパートナーの間の1対1の関係で成り立つが、今回のグループではニュータニックス・ジャパンと参加企業が一緒に活動していくところが異なるようだ。参加者による提案をグループとして議論し、推進していきたいという。

 より具体的には、ECPがいわゆる「ハイパーコンバージドインフラ」を超え、多様なサーバハードウェア上でスケールするITインフラを構築できることに関する啓蒙、パートナーの製品との組み合わせの検証やベストプラクティスの確立、新たなソリューションの開発などを行っていきたいという。

発表の場には、11社の代表が顔をそろえた

 同グループでは、複数の分科会を設置する。例えばGPUを活用したデスクトップ仮想化に関する分科会では、シトリックスのデスクトップ仮想化ソフトウェア(ニュータニックスのKVMをベースとしたハイパーバイザーであるAcropolisへの対応を進めている)にエヌビディアのGPUを仮想化して適用、CAD/CAEではなくWindows 10におけるより一般的なアプリケーションを高速化するソリューションを開発・検証して訴求するなどしていくという。ユーザー組織の分科会も設置し、ベストプラクティスを共有できる場にしていきたいとしている。

 ECPは、APIを通じて多様なサードパーティ製品との統合が図れることも特徴。ニュータニックス・ジャパンは新グループで、こうしたAPI連携も促進していくという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。