ニュース
» 2017年06月29日 11時00分 UPDATE

車載コンピューティングプラットフォーム「NVIDIA DRIVE PX」を採用:ボルボとNVIDIA、自動運転技術で提携を拡大 2021年までに市場投入を目指す

スウェーデンのボルボが、自動運転車のソフトウェア開発基盤にNVIDIAの車載コンピューティングプラットフォーム「NVIDIA DRIVE PX」を採用。2021年までにAI搭載自動運転車の市場投入を目指す。

[@IT]

 NVIDIAは2017年6月27日、スウェーデンの自動車メーカー Volvo Car(以下、ボルボ)および自動車安全システムサプライヤーのAutolivと、AI(Artificial Intelligence:人工知能)を利用した自動運転車向けソフトウェア開発で提携を拡大したと発表した。

photo ボルボのWebサイト

 ボルボ、Autoliv、ボルボとAutolivが共同で設立した自動車向けソフトウェア開発会社 Zenuityの3社は今後、NVIDIAの車載コンピューティングプラットフォーム「NVIDIA DRIVE PX」を自動運転車の開発基盤として活用していく方針。また、Autolivはボルボへの自動運転ソフトウェア提供とともに、ソフトウェアのOEM販売も行う。ボルボは、2021年までにAI対応の自動運転車を発売する予定としている。

 NVIDIAのCEO、ジェンセン・フアン氏は今回の取り組みについて、「AIは自動運転の課題を解決するために必要不可欠なツールだ。NVIDIAは以前からのボルボとのコラボレーションに基づき、運転をより安全にする自動車開発を支援しながら、さらに環境に優しく、交通渋滞のない都市の実現も目指す」と述べた。

photo NVIDIA DRIVE PXの詳細

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。