連載
» 2017年07月05日 05時00分 UPDATE

Windows PowerShell基本Tips(16):【 Get-ADGroupMember 】コマンドレット――Active Directoryのグループのメンバーを表示する

本連載は、Windows PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Get-ADGroupMember」コマンドレットです。

[新井慎太朗,株式会社ソフィアネットワーク]
「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、Active Directoryに作成されたグループのメンバーを表示する「Get-ADGroupMember」コマンドレットを解説します。

Get-ADGroupMemberコマンドレットとは?

 「Get-ADGroupMember」は、Active Directoryのグループに含まれるメンバーを表示するためのコマンドレットです。

 Active Directoryのグループに含まれるメンバーは、Windows Serverに標準搭載されているGUI(Graphical User Interface)の管理ツール「Active Directoryユーザーとコンピューター」でも表示できますが、Get-ADGroupMemberコマンドレットではメンバーオブジェクトの所在や“入れ子”になっているグループメンバーなどを確認することができます。


Get-ADGroupMemberコマンドレットの書式

Get-ADGroupMember [オプション]



Get-ADGroupMemberコマンドレットの主なオプション

オプション 意味
-Identity メンバーを表示するグループを指定する
-Recursive “入れ子”になっているグループのメンバーも再帰的に表示する
-Server メンバーを表示する操作を行うサーバを指定する。省略可能


特定のグループのメンバーを表示する

 「-Identity」オプションを使用することで、指定したグループに含まれるメンバーを表示することができます。なお、グループのメンバーとして他のグループが含まれている場合には、“入れ子”になっているグループ名が表示されます。

 以下の実行例では、「TokyoUsers」グループに含まれるメンバーを表示しています(画面1)。

コマンドレット実行例

Get-ADGroupMember -Identity TokyoUsers


画面1 画面1 「TokyoUsers」グループに含まれるメンバーを表示した


“入れ子”になっているグループのメンバーも再帰的に表示する

 グループが“入れ子”になっている場合、Get-ADGroupMemberコマンドレットの既定では前項の実行例のように、入れ子のグループ名が表示されます。

 「-Recursive」オプションを使用することで、入れ子になっているグループのメンバーを再帰的に表示することができます。このオプションを使うことで、グループ単位で何度もメンバーを確認する必要がなくなります。

 以下の実行例では、「-Recursive」オプションを使用して「TokyoUsers」グループに含まれるメンバーを表示しています(画面2)。

コマンド実行例

Get-ADGroupMember -Identity TokyoUsers -Recursive


画面2 画面2 「-Recursive」オプションを使うと、入れ子になっているグループのメンバーを再帰的に表示できる


グループに含まれているメンバーの必要な属性だけを出力する

 Get-ADGroupMemberコマンドレットの既定では、メンバーのオブジェクトの「distinguishedName」や「name」「objectClass」など、複数の項目が表示されます。

 出力結果を絞り込みたい場合には、「Select-Object」コマンドレットを組み合わせて実行します。「パイプ(|)」を用いて「Select-Object」コマンドレットに受け渡せば、指定した属性情報だけを表示させることができます。

 以下の実行例では、「TokyoUsers」グループに含まれるメンバーを再帰的に表示した結果から、「name」オブジェクトだけを出力するようにしています。

コマンド実行例

Get-ADGroupMember -Identity TokyoUsers -Recursive | Select-Object {$_.name}


画面3 画面3 「Select-Object」コマンドレットを組み合わせて実行し、指定した属性情報(nameオブジェクト)だけを表示した

 Get-ADGroupMemberコマンドレットの実行結果では、限られた属性しか表示されません。そこで、パイプ(|)を用いて「Get-ADUser」コマンドレットに受け渡せば、その他のユーザー属性を表示させることができます。「Get-ADUser」コマンドレットの使い方については、本連載第14回を参照してください。

筆者紹介

新井 慎太朗(あらい しんたろう)

株式会社ソフィアネットワークに所属。2009年よりマイクロソフト認定トレーナーとして、Windowsを中心としたサーバおよびクライアント管理、仮想化技術に関するトレーニングを提供している。無類の猫好き。共同執筆者である国井家で飼われている猫に夢中。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。