ニュース
» 2017年07月05日 11時00分 UPDATE

特定通信方式への依存度低減へ:ソラコムがSigfoxに対応、2つの新サービス「Inventory」「Junction」を発表

IoT通信プラットフォームを提供しているソラコムは2017年7月5日、同社の年次イベント「SORACOM Discovery 2017」に合わせ、より多くの通信方式への対応、そして端末管理/トラフィック制御に関する2つの新機能を発表した。

[三木泉,@IT]

 IoT通信プラットフォームを提供しているソラコムは2017年7月5日、同社の年次イベント「SORACOM Discovery 2017」に合わせ、より多くの通信方式への対応、そして端末管理/トラフィック制御に関する2つの新機能を発表した。

 ソラコムはモバイル通信を使ったIoTサービスでスタート。その後LPWA(省電力広域通信)技術の1つであるLoRaWANの基地局およびデバイスを展開するなどして、この技術にも対応してきた。

 今回は新たに、LoRaWANゲートウェイのアップリンクに衛星通信を活用する実験を、スカパーJSATとともに進めていると発表。また、LoRaWANではカバーしきれないユースケースに対応するため、ソニーの独自LPWA技術を活用すべく、実証実験を開始したことを明らかにした。ソニーの技術は、1つの受信機で最長274kmの伝送実験結果があるなど、長距離通信が可能である他、高速移動中の通信も可能で、時速100kmでの実績があるという。

 さらにソラコムは、Sigfoxへの対応を発表した。フランスの同名企業が展開するLPWAサービスで、日本では京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が基地局を段階的に構築中。ソラコムはKCCSのSigfoxパートナーとなり、7月5日よりSORACOMの一連のサービスをSigfoxで使えるようにした。現在はSigfoxデバイスとサービスを組み合わせて提供しているが、今後は対象デバイスを広げていくという。

Sigfoxデバイスに、SORACOMサービスを適用できるようになる

端末管理とトラフィック監視/制御のための新サービス

 一方でソラコムは、2つの新サービスを発表した。端末管理の「SORACOM Inventory」、そしてトラフィック監視/制御の「SORACOM Junction」だ。

 SORACOM Inventoryでは、IoT端末でエージェントを走らせることで、SORACOMサービスの管理コンソールから各端末のシリアルナンバーやファームウェアバージョン、バッテリー残量、空きメモリなどの情報が確認でき、ファームウェアの更新や再起動、工場出荷状態へのリセットなどができる。

 SORACOM Junctionは、SORACOMサービスにおいて、IoTデバイスの送受信トラフィックをパケットコピーしてユーザー企業がモニターしたり、トラフィックを曲げてセキュリティ製品/サービスを経由させたりできる機能。IoTセキュリティの強化やガバナンス、アプリケーション単位のトラフィック制御などの用途を想定している。

 ソラコムは顧客数が7000社以上に達したとしている。

 新規事例としてダイドードリンコの自動販売機、大阪ガスの電気・ガス消費可視化サービス、IHIのガスタービン発電プラント遠隔運用支援、ローソンの物流トラック動態管理、日の丸自動車興業のバス情報配信サービス、ファームシップの植物工場遠隔監視・制御、三英社のソーラー蓄電システム遠隔監視、フジテックのエレベーター環境情報取得、ニューマインドの可食プリンタ運用管理、テプコシステムズの会議室利用状況分析サービス、コニカミノルタの外国人患者診療業務サポートサービス、トリプル・ダブリュー・ジャパンの排尿タイミング通知サービス、ハイクの鳥獣対策向け自動撮影カメラ、三井物産/マーケティング・グラビティのタブレット付きショッピングカートへのコンテンツ配信などを紹介している。

 ソラコムの新たなサービス展開については、別記事でも紹介する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。