連載
» 2017年07月13日 05時00分 UPDATE

Oracleサポート出張所(2):【Oracle Database 12c対応】アラートログファイルの出力内容を正しく理解する (1/4)

本連載は、「Oracle Database」で発生するトラブルをどう解決すればいいのか。データベースの運用管理において、より円滑に業務を進めるために必要なノウハウを紹介していきます。今回は「データベース起動時に出力されるアラートログの中身」を解説します。

[大野高志,株式会社アシスト]

連載バックナンバー

 本連載「Oracleサポート出張所」は、「Oracle Database」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか。長年、筆者がOracle Databaseのサポート業務で培ってきた経験を基に、Oracle Databaseの運用管理をする上で「より円滑に、かつ成長を見据えて業務を推進していく」ために必要なノウハウを紹介していきます。

 前回はOracleトラブル解決の基礎となる「ログファイル」の基本を解説しました。今回は具体的に、「データベース起動時に出力されるアラートログの内容」を解説します。

Oracle Database 12c起動時に出力されるアラートログの内容

 アラートログにはデータベースインスタンスのさまざまな情報が出力されます。具体的にどんな内容が出力されているのか、今回はOracle Database 12c(12.1.0.2)の起動時に出力される内容を例にします。

 データベース起動時のアラートログ(例)は以下の通りです(図1〜図4)。

photo 図1 Oracle Database 12cの起動時に出力されるアラートログの例(1)〜(4)

 データベースは、「インスタンスの起動」→「データベースのマウント」→「データベースのオープン」の順に実行され、起動します。

(1):インスタンスの起動日時と起動モード

 データベースが起動された日時とともに、「Starting ORACLE instance」の後のカッコ内に起動時のモードが出力されます。起動モードは以下の通りです。

  • normal:通常の起動
  • restrict:管理者のみ接続を許可するモード

(2):SGAのメモリ割り当て状況

 (2)で、インスタンスの起動時に「SGA(システムグローバル領域)に必要なメモリ領域を、OSからどのように割り当てたのか」に関する情報出力されます。

 なお、SGAの割り当てに失敗した場合には、以下のようにログが出力されます。

Mon Oct 24 21:53:15 2016
  PAGESIZE  AVAILABLE_PAGES  EXPECTED_PAGES  ALLOCATED_PAGES  ERROR(s)
Mon Oct 24 21:53:15 2016
        4K       Configured               8               0   ORA-27125
Mon Oct 24 21:53:15 2016
     2048K             6184            6561               2   ORA-27125
SGAの割り当てに失敗した場合に出力されるアラートログの例

(3)アーカイブログファイルの出力先

 (3)から、「アーカイブログファイルの出力先」を確認できます。

 もし、初期化パラメータ「LOG_ARCHIVE_DEST_1」が明示的に設定されていなかった場合には「Using LOG_ARCHIVE_DEST_1 parameter default value as USE_DB_RECOVERY_FILE_DEST」と出力され、アーカイブログファイルの出力先に初期化パラメータ「DB_RECOVERY_FILE_DEST」の「高速リカバリー領域」が使用されます。

(4)UNDO保持期間の自動チューニング

 (4)では、UNDO保持期間の自動チューニングが有効であることを示す「Autotune of undo retention is turned on.」が出力されています。

 なお、自動でチューニングされたUNDO保持期間の値は、V$UNDOSTATの「TUNED_UNDORETENTION」列から確認できます。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。