ニュース
» 2017年07月24日 11時00分 UPDATE

NECPCとキュレーションズが主導、企業同士のマッチング支援も:オープンなIoT開発プラットフォーム「plusbenlly」、β版を無償公開

NECパーソナルコンピュータとキュレーションズは、IoT向けクラウドサービス「plusbenlly(プラスベンリー)」のβ版を公開した。併せて、「ビジネス創造の種」を提言する企業同士をマッチングさせるサービスなども展開する。

[@IT]

 NECとレノボ・グループの合弁会社で個人向けPCブランドを展開するNECパーソナルコンピュータ(以下、NECPC)とキュレーションズは2017年7月21日、両社が共同企画するIoT(Internet of Things)ビジネス開発に向けたオープンプラットフォーム「plusbenlly(プラスベンリー)」のβ版を無償公開した。

photo plusbenlly」のサービスイメージ

 plusbenllyは、ネットワーク接続機能を備えるIoT機器やWebサービスの相互接続を支援する「共創パートナー」として機能する企業向けクラウドサービス。機器間の接続設定やデータ交換のルールがあらかじめ用意され、利用企業がノンプログラミングで利用できるようにする他、スマートフォンアプリ開発のためのiOS/Android用SDK(Software Development Kit:ソフトウェア開発キット)を用意してサービス開発を支援する。

 例えば「異なるメーカーのIoT家電やウェアラブルデバイス、SNSなどのWebサービスを組み合わせて新たなサービスを開発する」や「機器から収集したデータと他社のWebサービスからの情報を組み合わせて、異なるメーカーのテレビ、エアコン、照明を起床時間に合わせて一括でオンにするアプリを開発する」といったように、自社のデバイスやサービスの垣根を超え、新たなIoTビジネスの開発を支援するための“コネクター”の役割を果たす。また両社は「ビジネス創造の種」も提案していく目的で、企業同士をマッチングさせるサービスなども展開する。

 plusbenllyは、大和リビングマネジメントの「賃貸住宅の快適な住環境を実現する IoT エネルギーマネジメントシステム構築に関する共同実証試験」や、積水ハウスの「経済産業省 平成28年度補正 IoTを活用した社会システム整備事業(スマートホームに関するデータ活用環境整備推進事業)」などのプロジェクトで採用が決定。この他、50を超える企業や団体が機器の接続や技術提供、システム利用・共創プロジェクトコーディネートのパートナーとしてplusbenllyへの参画を表明している。

photo 利用可能なチャネル
photo plusbenllyの管理画面

 plusbenllyは2017年内の正式版公開を予定。今回提供するβ版は、開発サービスの商用利用はできず、サービス作成数などにも制限はあるが、無償で利用可能。サーバ間で機器同士を連携するためのAPI(Application Programming Interface)も提供予定としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。