連載
» 2017年07月31日 05時00分 公開

Angular TIPS:Angularのイベントハンドラーで「イベント情報」を参照するには?($event)

要素にイベントハンドラーをバインドするEvent Bindingで、その引数で得られるイベントオブジェクト「$event」から、イベントに関する詳細情報を取得する方法を説明する。

[山田祥寛,著]
「Angular TIPS」のインデックス

連載目次

現在では、Web標準技術を利用したアプリ開発が広く普及し、そのためのフレームワークも多数存在しています。その中でも主流のフレームワークの1つである「Angular」を活用し、そのための知識を備えることには大きな意味があります。本連載は、Angularユーザーに向けて、その使いこなしTIPSを紹介するものです。なお、本連載は「Build Insider」で公開していた連載「Angular Tips」を同サイトおよび筆者の了解を得たうえで、本フォーラムに移行したものです。記事はBuild Insiderで公開した状態のまま移行しているため、用語統一などの基準が@ITの通常の記事とは異なる場合があります。


【対応バージョン】

 Angular 4以降。v4時点で執筆しました。


 JavaScriptでは、イベントに際してさまざまな情報を管理しています。具体的には、発生したイベントの種類、イベント発生元の要素、その座標位置、(キーイベントであれば)押されたキーの種類などです。そして、これらの情報を管理するオブジェクトのことをイベントオブジェクトと言います。

 イベントハンドラーでイベントオブジェクトを利用するには、Event Bindingに際して、引数として$eventを渡すだけです。$eventは、Angularであらかじめ用意されているイベントオブジェクトです。

 具体的な例も見てみましょう。例えば以下はボタンクリック時に、イベントオブジェクトの内容をログ出力する例です。

import { Component } from '@angular/core';

@Component({
  selector: 'app-root',
  template: `
    <!--イベントハンドラーにイベントオブジェクトを渡す-->
    <input type="button" value="ログ出力" (click)="onclick($event)" />
  `,
})
export class AppComponent  { 
  // イベント情報をログに出力
  onclick(e: any) {
    console.log(e);
  }
}

イベントハンドラーにイベントオブジェクトを渡すためのコード(app.component.ts)

イベント情報をログ出力 イベント情報をログ出力

 イベントオブジェクトで利用できる主なメンバーは、以下の通りです。

メンバー 概要
type イベントの種類
timeStamp イベントの発生時刻(1970/01/01からの経過ミリ秒)
screenX スクリーン上のX座標
screenY スクリーン上のY座標
pageX ページ上のX座標
pageY ページ上のY座標
clientX ブラウザー表示領域上のX座標
clientY ブラウザー表示領域上のY座標
altKey [Alt]キーを押したか
ctrlKey [Ctrl]キーを押したか
shiftKey [Shift]キーを押したか
which キーコード、マウスボタンの種類
preventDefault() デフォルトの動作をキャンセル
stopPropagation() イベントのバブリングを止める
イベントオブジェクトの主なメンバー

 イベントオブジェクトの具体的な用法については、後日「TIPS:イベントが発生した座標を取得するには?」などで解説の予定です。

処理対象:テンプレート構文(Template Syntax) カテゴリ:基本
処理対象:ステートメントコンテキスト(Statement context) カテゴリ:テンプレート構文(Template Syntax)
処理対象:$event(イベントオブジェクト) カテゴリ:テンプレート構文(Template Syntax) > ステートメントコンテキスト(Statement context)


「Angular TIPS」のインデックス

Angular TIPS

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。