連載
» 2017年08月02日 05時00分 公開

Excelで日付から自動的に曜日を入力する

Excelで日付から自動的に曜日を計算してセルに入力する方法を紹介する。別のセルに表示する方法と、日付を入力したセルに曜日を追加する方法があるので、目的に合わせて使い分けるとよい。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象ソフトウェア:Excel 2007/2010/2013/2016


 見積書や報告書などに日付を入力した際、曜日も入力したいこともある。そのような場合、いちいちカレンダーで曜日を確認して、セルに入力するのは少々面倒だ。入力した日付に合わせて、曜日が自動的に入力されると曜日の間違えも起きず便利である。

 そこで、本稿では日付に合わせて曜日を自動入力させる方法を紹介する。

TEXT関数を使って曜日を表示する方法

 Excelで入力した日付から曜日を自動的に入力するには、TEXT関数を使えばよい。例えば、A1セルに日付を入力し、B1セルに曜日を表示したい場合、B1セルに以下のように入力するとよい。

=TEXT(A1,"aaaa")

TEXT関数による曜日出力

 これで自動的にB1セルに日付に対応する曜日が表示される。

TEXT関数による曜日出力手順 TEXT関数による曜日出力手順

 「"aaaa"」の部分(表示形式コード)を以下のように変えることで、曜日の表示形式を変更することもできる。なお、オプションを「()」で囲うと「(月)」や「(mon)」、「{}」で囲うと「{月}」、「{mon}」といった形式でも表示できる。

表示形式コード 曜日の表示形式
aaa 月、火、水、木、金、土、日
aaaa 月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日
ddd Mon、Tue、Wed、Thu、Fri、Sat、Sun
dddd Monday、Tuesday、Wednesday、Thursday、Friday、Saturday、Sunday
表示形式コードと曜日の表示形式の関係

1つのセルに日付と曜日を表示する方法

 TEXT関数を使うと、別のセルに曜日が入力されてしまう。日付と同じセルに曜日も入力したい場合は、「セルの書式設定」を変更することで実現できる。

 日付を入力したセルを選択し、右クリックメニューから[セルの書式設定]を選択する([ホーム]タブの[数値]ボタンをクリックし、プルダウンリストの一番下にある[その他の表示形式]を選択してもよい)。

 [セルの書式設定]ダイアログが開くので、[表示形式]タブの「分類」で「ユーザー定義」を選択し、「種類」で「yyyy/m/daaa」や「yyyy/m/d(aaa)」(「aaa」の部分は上記のオプションと同じ)などと入力すればよい。なお、曜日を英語表記にしたい場合は、「yyyy/m/d」の「d」の後ろに半角スペースを入れて「ddd」もしくは「dddd」とすること。

セルの右クリックメニューから[セルの書式設定]を呼び出す方法 セルの右クリックメニューから[セルの書式設定]を呼び出す方法
メニューから[セルの書式設定]を呼び出す方法 メニューから[セルの書式設定]を呼び出す方法


[セルの書式設定]ダイアログで表示形式を編集する [セルの書式設定]ダイアログで表示形式を編集する

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。