ニュース
» 2017年08月04日 11時00分 UPDATE

Linux、Dockerコンテナ向け開発も“ほぼ完了”:Microsoft、次期SQL Serverのリリース候補版「SQL Server 2017 Release Candidate 2」を公開

Microsoftは、同社のデータプラットフォームの次期バージョン「SQL Server 2017」のRelease Candidate 2(RC2)を公開。主要な開発は、Windows、Linux、Dockerコンテナ向けのいずれもほぼ完了したという。

[@IT]

 Microsoftは2017年8月2日(米国時間)、同社のデータプラットフォームの次期バージョン「SQL Server 2017」のリリース候補版「SQL Server 2017 Release Candidate 2(RC2)」を公開した。

 SQL Server 2017のリリース候補版は、2017年7月17日に「RC1」を公開。今回のRC2は、Microsoftによると次期SQL Serverの開発における「重要なマイルストーン」とし、業界をリードするパフォーマンスとセキュリティを提供するために必要な主要な開発は、Windows、Linux、Dockerコンテナ向けのいずれもほぼ完了したとしている。

 SQL Server 2017の開発は今後、パフォーマンスチューニングとストレステストを通じて、最も要件の厳しい部類のワークロードに対応できるようにする取り組みと、最終的なバグ修正を継続していくという。

photo SQL Serverの新機能」の詳細

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。