ニュース
» 2017年08月14日 08時00分 UPDATE

日本では日本仮想化技術との提携継続:BrocadeのOpenDaylight SDN事業がスピンオフ、新会社Lumina Networksが継承

2017年8月7日(米国時間)、Brocade Communications Systemsが提供してきたSDN(Software Defined Networking)製品事業を継承する新会社、Lumina Networksの設立が発表された。

[三木泉,@IT]

 2017年8月7日(米国時間)、Brocade Communications Systemsが提供してきたSDN(Software Defined Networking)製品事業を継承する新会社、Lumina Networksの設立が発表された。

 LuminaはBrocadeからのスピンオフにより生まれた企業。CEOにはBrocadeの戦略担当副社長であったアンドリュー・カワード氏が就任した。LuminaはBrocadeが展開してきたOpenDaylightベースのSDNコントローラーおよびアプリケーションを引き継ぐ。

 Lumina SDN Controller:旧称「Brocade SDN Controller」。OpenDaylightベースのSDNプラットフォームで、ドキュメント、品質保証、サポートが付属する有償のコマーシャル版と、無償のデベロッパー版がある

 Lumina Flow Manager:ネットワークトポロジーを可視化し、リアルタイムのトラフィック情報に基づいて、トラフィックエンジニアリングが行えるアプリケーション

 Lumina Zero Touch Installer:仮想CPEなどの機器のゼロタッチプロビジョニングを実現するアプリケーション。機器をネットワークに接続すると、適切なソフトウェアイメージと設定を自動的に送り込むことができる

 また、Luminaは自社ネットワークのSDNへの移行あるいはSDNを活用した新ネットワークサービスの構築を進める企業を支援するサービス(「NetDevサービス」と同社は呼んでいる)を併せて展開する。

 日本でも、Brocade時代の活動を引き継ぎ、日本仮想化技術と提携して、大手通信関連サービス事業者向けにビジネスを展開していくという。

 プレスリリースは、「Luminaと日本仮想化技術は、日本の顧客向けにSDN、NFV、ネットワーク自動化、DevOps、およびNetOpsに焦点を置いた最先端プロジェクトを共同で提供する」と述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。