ニュース
» 2017年08月23日 10時15分 公開

Red HatとMicrosoftが共同発表:OpenShift Container Platformは2018年にWindows Serverコンテナをサポートへ

Red Hat OpenShift Container Platformは2018年にWindows Serverコンテナをサポートする。また、Microsoft Azure上での OpenShift Dedicatedの稼働、Azure StackにおけるRed Hat Enterprise Linux(RHEL)のサポート、RHELおよびOpenShift上でのSQL Serverの稼働も実現するという。

[三木泉,@IT]

 MicrosoftとRed Hatは2017年8月22日(米国時間)、Red Hatのコンテナプラットフォーム製品群「Red Hat OpenShift」とMicrosoftの技術の統合について、複数の具体的な取り組みを発表した。

 これによると、Red Hat OpenShift Container Platformは2018年にWindows Serverコンテナをサポートする。また、2社はMicrosoft Azure上での OpenShift Dedicatedの稼働、Azure StackにおけるRed Hat Enterprise Linux(RHEL)のサポート、RHELおよびOpenShift上でのSQL Serverの稼働も実現するという。

Red Hat OpenShift Container PlatformにおけるWindows Serverコンテナのサポート

 Red Hatは同社のOpenShift Container Platformで、Windows Serverコンテナをサポートする。2018年春には、この実装のテクノロジープレビュー版をリリースするという。

 「Red Hat OpenShiftは、オープンソースのKubernetesプロジェクトを採用したコンテナアプリケーションプラットフォームとして初めて、ハイブリッドクラウドの複数環境でLinuxとWindows Serverのコンテナワークロードを単一のプラットフォームによりサポートすることになる」(プレスリリース)

Red Hat OpenShift Dedicated on Microsoft Azure

 OpenShift Dedicatedとは、OpenShift Container Platformを、パブリッククラウドサービス上で顧客専用の環境として動かし、これをRed Hatが運用するサービス。Red Hatは2018年の早い時期に、Microsoft Azure上での提供を開始するという。

Azure StackにおけるRHELのサポート

 「Microsoft Azureのオンプレミス版」としてMicrosoftが2017年中に一般提供開始予定のAzure Stackで、RHELを対象としたサポートを提供する。

RHELおよびOpenShift上でのSQL Serverの稼働

 今後数カ月のうちに、SQL Server for LinuxがRHELおよびOpenShift上で動くようになる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。