ニュース
» 2017年08月24日 10時00分 公開

Windows 10 Enterprise E3/E5をThinkPadなどで選択可能に、760円/月から:レノボ、「セキュアなクライアント環境」を月額モデルで提供するサービスを開始

レノボ・ジャパンがWindows 10 Enterpriseを主体としたセキュリティソリューションを開始。多層セキュリティ対策機能を備えるWindows 10 Enterprise E3/E5をThinkPadなどで選択できるようにする他、Windows 10への移行を想定する顧客に向けた導入前検証サービスなども開始する。

[@IT]

 レノボ・ジャパンは2017年8月23日、日本マイクロソフトとクラウドソリューションプロバイダー契約を締結し、Windows 10 Enterprise E3/E5を軸にした法人向けクライアントセキュリティソリューションの提供を開始すると発表した。

 同サービスは、Windows 10 Enterprise Editionのライセンスを月額課金型で提供し、ThinkPadなどのLenovo製デバイスでWindows 10 Enterprise E3/E5を選択できるようにするもの。Windows 10 Enterprise E3では、ロックダウン機能、ハードウェアとIDの保護といったエンドポイント保護と情報漏えいを防ぐセキュリティ機能を利用可能。Windows 10 Enterprise E5では、それらに加えて、脅威の侵入検知や事後対策を速やかに行える「Windows Defender Advanced Threat Protection(ATP)」機能も利用できる。

 併せて、Windows OSの機能をサービスとして提供する「WaaS(Windows as a Service)」の展開において、運用ノウハウの提供や互換性を検証するサービスも開始する。Windows 10搭載デバイスの導入で課題となる互換性の確保やデバイス管理、導入後の継続的なアップデートなどの運用体制の構築に向け、導入前に検証できるようにする。また、これまでPC、タブレット、OS別に分かれていたサポート窓口を1つにまとめ、Windows 10 Enterprise E3/E5のサポートもレノボ・ジャパンが提供する。

 提供開始は2017年9月から。価格は、1サブスクリプション当たり760円/月(税別)から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。