ニュース
» 2017年08月29日 10時00分 公開

理事長には慶應SFCの村井教授が就任:「IoT時代の技術者」の育成を支援する業界団体「AITAC」が発足 国内IT大手6社が共同で

「IoT時代の技術者育成」を目的とした業界団体「AITAC」が発足。国内大手通信事業者/システムインテグレーターの6社が協業し、ネットワークとコンピューティング両方のスキルに加え、仮想化やクラウドなどのソフトウェア資源を利活用できるスキルを身に付けた、IoT時代の技術者に必要とされる人材を育成していく環境を整える。

[@IT]

 KDDI、NEC、NTTコミュニケーションズ、伊藤忠テクノソリューションズ、シスコシステムズ、日商エレクトロニクスの6社は2017年8月28日、IoT(Internet of Thigs)時代のインフラエンジニア育成を共同で支援する業界団体「高度ITアーキテクト育成協議会(Advanced IT Architect Human Resource Development Council:AITAC)」を設立し、同日から活動を開始したと発表した。

photo 「AITAC」のWebサイト

 AITACは、IoT時代に求められるITインフラのために、「ソフトウェアによるITインフラの運用と管理スキルを持つ人材の育成」を目的に発足。2017年8月現在、このスキルを持つ人材は通信事業者などのICT関連企業に集中しており、その数は限定されているが、「IoT時代のITインフラ管理に求められるスキル」として今後の需要の高まりが予測されている。

 IoT時代のITインフラ管理では、ネットワークとコンピューティング両方のスキルに加え、仮想化やクラウドなどのソフトウェア資源を活用できるスキルとなる「Software Defined Network(SDN)」や「Network Function Virtualization(NFV)」などの技術やスキルが求められる。AITACでは、こういったスキルを横断的に習得できるようにする育成カリキュラムや教育プログラムを策定し、併せて資格認定制度を設けて育成環境を整えていく。

 理事長には、慶應義塾大学環境情報学部長兼慶應義塾大学環境情報学部教授の村井純氏が就任。国内外の社会人と学生を対象に、産学と連携した教育訓練の場の整備も行っていく。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。