ニュース
» 2017年08月30日 03時08分 公開

VMworld 2017:[速報]PivotalとVMware、Kubernetesプラットフォームソフトウェアを発表

PivotalとVMwareは2017年08月29日(米国時間)、Googleとの協業に基づき、Kubernetesを採用したコンテナアプリケーションプラットフォームソフトウェアを発表した。Google Container Engineとの互換性も大きな特徴。

[三木泉,@IT]

 PivotalとVMwareは2017年08月29日(米国時間)、VMwareのイベントVMworld 2017で、Googleとの協業に基づき、Kubernetesを採用したコンテナアプリケーションプラットフォームソフトウェアを発表した。2社はそれぞれ、大企業やサービス事業者を対象として、2017年第4四半期に提供開始するという。

 PivotalはKubernetesと競合する部分のあるCloud Foundryを推進し、これに基づくアプリケーション開発・運用プラットフォーム「Pivotal Cloud Foundry(PCF)」およびサービスを提供してきたが、急成長するKubernetesの環境を構築・運用できるソフトウェアを、PCFとは別製品として販売・サポートする。

 新製品は「Pivotal Container Services(PKS)」と名付けられている。製品名に「サービス」という言葉が含まれているが、これはサービスではなくソフトウェア製品。BOSHを含み、Open Service Broker APIをサポートしている。

 BOSHはCloud Foundryで生まれたツールだが、面倒なKubernetes環境のデプロイについても自動化し、シンプル化できる。GoogleとPivotalはKubernetesにもBOSHを適用できるKuboを共同開発している。Open Service Broker APIもCloud Foundryで生まれたものだが、サービスをカタログ化して容易に利用できることから注目されている。

参考記事:

Pivotalとグーグル、Cloud FoundryとKubernetesを統合運用する新プロジェクトKuboを立ち上げ

 PKSではさらに、VMware vSphere、VMware NSX、VMware vSAN、および管理ソフトウェアのvRealize Automation、vRealize Operations、Wavefrontが含まれている。VMware NSXはCNIを通じてクラウドネットワーキング機能を提供、「vSphere Cloud Provider」と名付けられたインタフェースを通じて、vSANおよび従来型のストレージへのアクセスを提供する。

 Googleとの提携により、PKSのKubernetesのバージョンは、Google Container Engine(GKE)と常に同期される。Open Service Brokerを通じて、PKSとGKEの環境を統合的に利用できる。また、PKS環境から、Google Cloud Platformの各種サービスを活用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。