ニュース
» 2017年08月30日 10時00分 公開

既存のK5サービスとの組み合わせも可能:富士通とVMwareが協業を強化 K5上でVMware Cloud Foundationを提供

富士通とVMwareがクラウド分野の協業をグローバル規模で拡大する。富士通のクラウドサービス上でVMwareのクラウドソリューションを提供し、オンプレミスからクラウドへの移行を支援するサービスも提供する。

[@IT]

 富士通とVMwareは2017年8月29日、クラウド分野の協業をグローバル規模で拡大すると発表した。2017年第4四半期(2018年1月〜3月)から、VMwareのクラウドプラットフォーム「VMware Cloud Foundation」を富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5(以下、K5)」の一環として提供する。

photo FUJITSU Cloud Service K5」の詳細

 VMware Cloud Foundationは、サーバ仮想化の「VMware vSphere」、ストレージ仮想化の「VMware vSAN」、ネットワーク仮想化およびセキュリティ対策の「VMware NSX」で構成されるSDDC(Software-Defined Data Center)型クラウドプラットフォーム。富士通がこれらをK5上のサービスとして提供することで、既存のオンプレミス資産のクラウド移行や、オンプレミスとクラウドを組み合わせたハイブリッド環境を構築するハードルを低くし、企業のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を促進させるのが狙い。例えば「オンプレミスで運用しているVMware環境を、システム環境の変更などに伴うリスクを抑えながらクラウド環境へ移行したい」といった企業の需要に応え、仮想化環境のシステム検証やK5への移行に関するサポートサービスなども提供する。

photo VMware Cloud Foundation」の詳細

 また、K5で既に提供している、OpenStackベースのIaaS(Infrastructure as a Service)、Cloud FoundryベースのPaaS(Platform as a Service)、IoT(Internet of Things)基盤やAI(Artificial Intelligence:人工知能)基盤なども含めて、サービスとして選択できるようにする。大規模企業向けにも、富士通のプライベートクラウドシステム向け垂直統合型仮想化クラウド基盤「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX」とVMwareの仮想化技術を組み合わせることで、オンプレミスとクラウドをシームレスにつないだハイブリッド環境の構築も迅速に実現可能だとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。