連載
» 2017年09月15日 05時00分 公開

Tech TIPS:[Shift]+右クリックメニューに「コマンドウィンドウをここで開く」を復活させる方法

Windows 10 Creators Updateで[Shift]+右クリックメニュー(コンテキストメニュー)から[コマンドウィンドウをここで開く]がなくなり、[PowerShellウィンドウをここに開く]が表示されるようになった。そのため、エクスプローラで簡単にコマンドプロンプトが開けなくなってしまった。そこで、[コマンドウィンドウをここで開く]を復活させる方法を紹介する。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows 10 Creators Update以降


 [ダウンロード]フォルダなどでコマンドプロンプトを開きたい場合、これまでは[Shift]+右クリックで表示されるコンテキストメニューで[コマンドウィンドウをここで開く]を選択すればよかった。開いたフォルダがカレントディレクトリの状態で、コマンドプロンプトが開くので、階層が深いフォルダ内をコマンドプロンプトで操作したいような場合には便利な機能であった。

 ところが、Windows 10 Creators Updateにアップグレードすると、コンテキストメニューには[コマンドウィンドウをここで開く]の代わりに[PowerShellウィンドウをここに開く]が表示されるようになってしまった。

Windows 10 Creators Updateのエクスプローラでデフォルト状態のコンテキストメニューを開いたところ Windows 10 Creators Updateのエクスプローラでデフォルト状態のコンテキストメニューを開いたところ

 これは、[スタートメニュー]ボタンを右クリックして表示されるクイックアクセスメニューと同じ仕様変更だ。ただクイックアクセスメニューの場合、タスクバーを右クリックして[タスクバーの設定]を選択、表示された[タスクバーの設定]画面で「PowerShell」を「コマンドプロンプト」に変更できた(クイックアクセスメニューで「コマンドプロンプト」に変更する方法は、Tech TIPS「Windows 10のクイックアクセスメニューで、PowerShellの代わりにコマンドプロンプトを起動する」参照のこと)。

 しかしコンテキストメニューに対しては、残念ながら設定画面で変更できる項目が見当たらない。コンテキストメニューに[コマンドウィンドウをここで開く]を復活させるには、レジストリを操作する必要がある。以下、レジストリを操作して、コンテキストメニューに[コマンドウィンドウをここで開く]を復活させる方法を紹介する。

レジストリを操作して[コマンドウィンドウをここで開く]を復活させる

[注意]

レジストリに不正な値を書き込んでしまうと、システムに重大な障害を及ぼし、最悪の場合、システムの再インストールを余儀なくされることもあります。レジストリエディタの操作は慎重に行うとともに、あくまで御自分のリスクで設定を行ってください。何らかの障害が発生した場合でも、本Windows Server Insider編集部では責任を負いかねます。ご了承ください。


 まずはレジストリエディタを起動する。それにはクイックアクセスメニューの[ファイル名を指定して実行]をクリックするか、あるいは[Windows]+[R]キーを押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開き、「regedit」と入力して実行する。ユーザーアクセス制御(UAC)のダイアログが表示されたら、必要に応じて管理者アカウントで認証しつつ起動を許可すること。

 [コマンドウィンドウをここで開く]を復活させるためには、以下のレジストリキーを編集する必要があるのだが、それにはレジストリキーの所有者を変更するなどの操作が必要になる。

項目 内容
キー(フォルダで[Shift]+右クリック) HKEY_CLASSES_ROOTの\Directory\Background\shell\cmd
キー(ドライブで[Shift]+右クリック) HKEY_CLASSES_ROOTの\Drive\shell\cmd
値の名前(変更前) HideBasedOnVelocityId
値の型(変更前) REG_DWORD
値のデータ(変更前) 0x639bc8(16進数)
値の名前(変更後) ShowBasedOnVelocityId
値の型(変更後) REG_DWORD
値のデータ(変更後) 0x639bc8(16進数)
[コマンドウィンドウをここで開く]を復活させるためのレジストリキー

HKEY_CLASSES_ROOTのレジストリキーはデフォルトでは編集できない HKEY_CLASSES_ROOTのレジストリキーはデフォルトでは編集できない

 そこでHKEY_CLASSES_ROOT(HKCR)を操作する代わりに、HKEY_CURRENT_USER(HKCU)の\Software\Classes\を書き換えてレジストリを上書きすることにする(HKCRのレジストリキーは、HKCUの\Software\Classes\の同じキーが優先され、値が上書きされる仕組みとなっている)。これならば、レジストリキーの所有者の変更も必要ない。

 レジストリエディタが起動したら、以下のレジストリキーを開き、値の名前「HideBasedOnVelocityId」に0x0を、「ShowBasedOnVelocityId」に0x639bc8(16進数)をそれぞれ設定する。デフォルトではキーが存在しないので、新たに作成すること。

項目 内容
キー(フォルダで[Shift]+右クリック) HKEY_CURRENT_USERの\Software\Classes\Directory\Background\shell\cmd
キー(ドライブで[Shift]+右クリック) HKEY_CURRENT_USERの\Software\Classes\Drive\shell\cmd
値の名前 HideBasedOnVelocityId
値の型 REG_DWORD
値のデータ 0x0(16進数)
値の名前 ShowBasedOnVelocityId
値の型 REG_DWORD
値のデータ 0x639bc8(16進数)
[コマンドウィンドウをここで開く]を復活させるために操作が必要なレジストリキー
値の名前「ShowBasedOnVelocityId」にデータを設定しただけでは[コマンドウィンドウをここで開く]はメニューに表示されない。値の名前「HideBasedOnVelocityId」に「0x0」をセットし、非表示にする機能を無効化する必要がある。

 変更するキーが2カ所あるいのは、エクスプローラのフォルダとドライブのそれぞれで設定する必要があるからだ。例えば上記のフォルダ向けの設定をしても、ドライブを選んで右クリックしたときにコマンドプロンプトのメニューは表示されない。

新しいキー(shellとshell\cmd)を作成する 新しいキー(shellとshell\cmd)を作成する

値の名前「ShowBasedOnVelocityId」を作成する 値の名前「ShowBasedOnVelocityId」を作成する

値を修正する 値を修正する

値のデータを入力する 値のデータを入力する

値の名前「HideBasedOnVelocityId」も作成する 値の名前「HideBasedOnVelocityId」も作成する

 この操作をHKEY_CURRENT_USERの\Software\Classes\Drive\shell\cmdキーに対しても行う。これで、コンテキストメニューに[コマンドウィンドウをここで開く]が表示されるようになる([PowerShellウィンドウをここに開く]も表示される)。

レジストリを操作してWindows 10 Creators Updateのエクスプローラのフォルダのコンテキストメニューに[コマンドウィンドウをここで開く]が追加された レジストリを操作してWindows 10 Creators Updateのエクスプローラのフォルダのコンテキストメニューに[コマンドウィンドウをここで開く]が追加された

レジストリを操作してWindows 10 Creators Updateのエクスプローラにあるドライブのコンテキストメニューにも[コマンドウィンドウをここで開く]が追加された レジストリを操作してWindows 10 Creators Updateのエクスプローラにあるドライブのコンテキストメニューにも[コマンドウィンドウをここで開く]が追加された

レジストリを操作して[PowerShellウィンドウをここに開く]を非表示にする

 [PowerShellウィンドウをここに開く]を非表示にするには、同様の手順で、cmdキーと同じ階層にあるPowershellキーに対して、値の名前「ShowBasedOnVelocityId」に0を、また「HideBasedOnVelocityId」に0x639bc8(16進数)をそれぞれ設定すればよい。同様にデフォルトではキーが存在しないので、新たに作成すること。

項目 内容
キー(フォルダで[Shift]+右クリック) HKEY_CURRENT_USERの\Software\Classes\Directory\Background\shell\Powershell
キー(ドライブで[Shift]+右クリック) HKEY_CURRENT_USERの\Software\Classes\Directory\shell\Powershell
値の名前 HideBasedOnVelocityId
値の型 REG_DWORD
値のデータ 0x639bc8(16進数)
値の名前 ShowBasedOnVelocityId
値の型 REG_DWORD
値のデータ 0x0(16進数)
[PowerShellウィンドウをここで開く]を表示させないようにするのに必要なレジストリキー

レジストリを操作してWindows 10 Creators Updateのコンテキストメニューで[PowerShellウィンドウをここに開く]を非表示に設定したところ レジストリを操作してWindows 10 Creators Updateのコンテキストメニューで[PowerShellウィンドウをここに開く]を非表示に設定したところ

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。