ニュース
» 2017年09月20日 15時30分 公開

Software in Siliconはv2にアップデート、Oracle Cloudにも対応:Oracle、第8世代SPARCプラットフォーム、SuperClusterなどを発表

Oracleは、「SPARC M8」プロセッサ搭載の第8世代プラットフォームを発表した。基幹ワークロードの実行においてセキュリティ、パフォーマンス、可用性を向上しているとし、x86や前バージョンのSPARC M7と比べたパフォーマンスに関する数値データを公表している。

[@IT]

 Oracleは2017年9月18日(米国時間)、基幹ワークロードの実行においてセキュリティ機能、パフォーマンス、可用性を向上する第8世代の「SPARC」プラットフォームを発表した。

 「SPARC M8」プロセッサを採用したエンジニアドシステムおよびIaaSが実現するエンタープライズプラットフォームは、さまざまなソフトウェア機能を直接プロセッサに組み込むSoftware in Silicon技術がv2にアップデートされており、「顧客はオンプレミスでもOracle Cloudでも、重要度の高いビジネスアプリケーションを高い費用対効果でデプロイしたり、パフォーマンスの高いアプリケーション環境をスケールアウトしたりできる」と、Oracleは説明している。

 SPARC M8搭載システムには、エンジニアドシステム「Oracle SuperCluster M8」、ハイエンドサーバ「SPARC M8」、ミッドレンジサーバ「SPARC T8」3モデルがある。これらのシステムは、既存インフラとシームレスに連携するように設計されており、プライベートクラウド向けの仮想化および管理機能が統合されている。さらに、「Oracle Cloud SPARC Dedicated Compute」サービスも、SPARC M8プロセッサでアップデートされることになっている。

Oracle SuperCluster M8

 既存のSPARC対応アプリケーションは、全てそのままSPARC M8システムで動作し、パフォーマンス、セキュリティ機能、可用性を向上できる。また、SPARC M8でv2に進化したSoftware in Siliconでは、Silicon Secured Memoryや暗号化アクセラレーション、Data Analytics Accelerators(DAX)といった機能が強化されている。Silicon Secured Memoryは、常時有効なハードウェアベースのメモリ保護による高度な侵入防止機能を提供する。DAXは、オープンAPIにより、データベース分析(In-Memory Query Acceleration)やJavaストリーム処理(Java Stream Acceleration)において高いパフォーマンスや効率を実現するために利用できる。

 Oracleは、各機能のパフォーマンスについて、x86や前バージョンのSPARC M7と比べた下記の数値データを公表してる。

  • セキュリティ機能:x86と比べて暗号化とハッシングがいずれも2倍高速で、M7と比べて2倍に高速化
  • データベース:コア当たりのOLTPパフォーマンスがx86と比べて2倍、M7と比べて1.4倍高く、データベース分析もx86より最大7倍高速
  • インメモリ分析:コア当たりQPM(Query Per Minute)がx86の7倍
  • Java:Javaパフォーマンスがx86と比べて2倍、M7と比べて1.3倍高い。Java Stream Accelerationによって、x86と比べてJavaストリームの処理効率が8倍に向上

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。