ニュース
» 2017年09月25日 12時00分 公開

イベント会場などへの活用に期待:トイレをIoTでもっと快適に ユニアデックスがトイレ施設保全業務向けIoTサービスを開始

ユニアデックスは、施設保全業務に向けたIoTサービス「AirFacility」の提供を開始する。第1弾は、トイレ施設の状態把握向けの「AirFacility Aqua」。個室トイレの扉の開閉状況や利用人数、給水/排水ポンプの障害を把握する。

[@IT]

 ユニアデックスは2017年9月21日、IoT(Internet of Things)サービス「AirFacility」の提供を開始することを明らかにした。AirFacilityは、既存の施設へ施設内設備の状態を把握するIoTシステムを構築するもの。施設保全業務に向け、設備稼働率や施設環境の健全性を高めることを支援する。

 AirFacilityシリーズの第1弾としてトイレ施設を対象とした「AirFacility Aqua」を2017年10月16日に販売開始し、同サービスの提供を2017年11月1日に始める。AirFacility Aquaは、トイレ施設の状態把握を目的としたSaaS(Software as a Service)型のサービスで、日本ユニシスグループの「IoTビジネスプラットフォーム」上に構築される。各種センサーから収集した稼働データを蓄積し、稼働状況の集計や各種システムとデータを連携する仕組みを提供する。

 AirFacility Aquaではまず、個室の扉の開閉状況を把握する機能を提供。その後、トイレ施設の温湿度や利用人数、給水/排水ポンプの障害を把握するサービスも提供する予定だ。

 AirFacility Aquaは、「ライト版」「スタンダード版」の2種類が用意される。ライト版は個室の数が50までの小規模向け、スタンダード版は個室が1000まで対応可能な中/大規模向けである。いずれも稼働状況を管理する「基本サービス」と、個室トイレの開閉検知などを提供する「データ収集サービス」から構成される。

 価格は、データ収集サービス利用料として個室当たり500円/月から。基本サービス利用料はライト版が3000円/月(税別、以下同)、スタンダード版は30個室分の利用料込みで3万円/月から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。