ニュース
» 2017年09月28日 08時44分 公開

NTT Com、Virtustreamとの提携に基づくSAP基盤/運用代行サービス提供開始

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2017年9月27日、SAPの基盤/運用代行サービス「Enterprise Cloud for ERP」を、同日に提供開始したことを発表した。NTT Comは、日本に加え、米州、欧州、豪州で同サービスを提供するという。

[三木泉,@IT]

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2017年9月27日、SAPの基盤/運用代行サービス「Enterprise Cloud for ERP」を、同日に提供開始したことを発表した。NTT Comは、日本に加え、米州、欧州、豪州で同サービスを提供するという。

 今回の発表は、2017年2月の、Virtustream、EMCジャパンとの提携に基づくもの。この提携では、NTT Comの日本国内データセンターを活用し、デルおよびEMCジャパンはVirtustreamブランドでサービスを展開、一方NTT ComはEnterprise Cloudのサービスメニューの1つとして販売するとしていた。この「Enterprise Cloudのサービスメニューの1つ」として実現したのが、今回発表の「Enterprise Cloud for ERP」ということになる。

 NTT Comは、約200人というSAPスペシャリストのノウハウを生かし、移行から運用までのプロセスを支援する。

 同サービスでは、仮想環境および物理環境でのSAP HANAの稼働および運用代行を提供。同一データセンター内でのHA構成や、東京・大阪間でのディザスタリカバリー(DR)構成を組み込めるという。運用関連では、SAP BasisやSAP HANAなどの運用サービス、システム監視サービスおよびTAMS(Technical Account Manager Services)を提供するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。