連載
» 2017年09月29日 05時00分 公開

Tech TIPS:Excelで保存しないで閉じたシート/ブックを復旧する

Excelで時間をかけて見積書などを作成したのに、誤って保存せずに閉じたり、終了したりしても、場合によっては復元が可能だ。その方法を紹介する。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Excel 2010/2013/2016


 Excelで時間をかけて見積書などを作成したのに、誤って保存せずに閉じてしまった、作業の途中でWindowsがハングアップしたり再起動したりしてしまった、という経験を持つ人もいるのではないだろうか。それまでの作業に費やした時間を考えると泣きたくなるかもしれない。だが、Excelには作業中のファイルを自動保存する機能があり、場合によっては復旧/復元できるかもしれないので、諦める前に試してみるとよい。

保存しないで閉じてしまったブックを復旧する

 保存しないで閉じてしまったブックを復旧・復元するには、そのオリジナルとなるXLSファイルをダブルクリックしてExcelで開き、[ファイル]メニューの[情報]をクリックする。右ペインの[ブックの管理](Excel 2010/2013は[バージョン]。以下、Excel 2016を例に説明する)に「<日付と時間>(保存しないで終了)」という表示があれば、それをクリックすればよい(この表記がない場合は、残念ながら自動保存が行われていないので、復旧は諦めるしかない)。

 自動保存されたブックが、新しくExcelのウィンドウとして読み取り専用で開かれる。リボンの下にある[復元]ボタンをクリックすると、自動保存されたブックが復元され、自動保存された時点のExcelブックに戻る。

 なお、自動保存されたブックは、デフォルトでは以下のパスに、オリジナルのファイル名に数字が付いた名前でXSLBファイルとして保存されている。

%userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\

自動保存されるXLSファイルのデフォルトの保存先

Excelの[ファイル]−[情報]画面 Excelの[ファイル]−[情報]画面

Excelで[元に戻す]ボタンをクリックして復元する Excelで[元に戻す]ボタンをクリックして復元する

[OK]ボタンをクリックするとブックが復元される [OK]ボタンをクリックするとブックが復元される

 既存のブックを編集していた場合や、途中にファイル名を付けて保存していた場合は、オリジナルとなるXLSファイルを開けばいい。しかし新規ブックを保存せずに誤って閉じてしまった場合は、オリジナルとなるXLSファイルが存在しない。このような場合は、以下のパスにあるXLSBファイルをダブルクリックして開けばよい(場合によってはExcelが未保存のブックを開いた状態で自動再起動することもある)。

%userprofile%\AppData\Local\Microsoft\Office\UnsavedFiles

未保存のXLSBファイルの保存先パス

 やはり自動保存されたブックが、読み取り専用で開かれるので、リボンの下にある[復元]ボタンをクリックすれば、自動保存された時点のExcelブックに戻る。

保存されなかったブックを開く 保存されなかったブックを開く

[元に戻す]ボタンをクリックして復元する [元に戻す]ボタンをクリックして復元する

Excelが強制終了した場合の復元法

 Excelが強制終了してしまったような場合、Excelを起動し直すと、「復元されたファイルの表示」というリンクが表示される。ここをクリックすると、回復可能なファイルがある場合は、シートの左側に[ドキュメントの回復]作業ウィンドウが現れ、回復可能なファイルの一覧が表示される。ここから、自動保存された最新のファイルを選択すれば、自動保存されたブックが復元され、自動保存された時点のExcelブックに戻る。

「復元されたファイルの表示」というリンクが表示される 「復元されたファイルの表示」というリンクが表示される

[ドキュメントの回復]作業ウィンドウから復元したいブックを選ぶ [ドキュメントの回復]作業ウィンドウから復元したいブックを選ぶ

自動保存の間隔を設定する

 デフォルトでは、10分間隔で自動保存するようになっている。つまり運が悪いと、10分前の作業までしか復旧できないことになる。手の込んだシートを作っているような場合は、この時間を短くしておくと、万が一、Windowsがハングアップしてしまっても失われる作業を少なくできる。ただ、あまり短くしすぎると、頻繁に保存作業が行われ、PCの性能によっては使い勝手が悪くなるので、その点を考慮して時間を決めるとよい。

 自動保存の時間間隔を設定するには、Excelで[ファイル]−[オプション]を選択して、[Excelのオプション]ダイアログを開き、左ペインで[保存]を選ぶ。そして「ブックの保存」の「次の間隔で自動回復用データを保存する」の時間を10分から短くすればよい。このチェックボックスが「オフ」になっている場合は、自動保存が無効になっているので、必ずチェックを入れること。

[Excelのオプション]ダイアログの画面 [Excelのオプション]ダイアログの画面

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。