ニュース
» 2017年10月13日 11時33分 公開

日立の分析基盤や地理情報システムを活用:AIとクラウドで材料開発を効率化するソリューション、日立が発表

日立は、データ分析やクラウド環境を活用して企業向けに新材料開発を効率化する「材料開発ソリューション」を2017年11月1日から提供すると発表した。

[高木理紗,@IT]

 日立製作所(以下、日立)は2017年10月11日、企業向けに新材料開発を効率化する「材料開発ソリューション」を2017年11月1日から提供すると発表した。

 同ソリューションは、従来、専門家の知識や経験に頼っていた材料開発を、コンピュータ解析で効率化する、「マテリアルズインフォマティクス(Materials Informatics)」を活用することで、企業の材料開発にかかるコストや時間を削減するという。

画像 日立による材料データ分析環境提供サービスの解説画像

 材料開発ソリューションは、複数のサービスで構成される。このうち、「材料データ分析環境提供サービス」は、材料開発の過程で生成されるシミュレーションデータや実験データなどをクラウド環境で高速分析し、グラフや3次元形式でWebブラウザ上に可視化する。同サービスは、日立の分析基盤である「Pentahoソフトウェア」や地理情報システム「GeoMation 地理情報システム」を活用している。

画像 日立による材料データ分析支援サービス解説画像

 「材料データ分析支援サービス」は、企業の材料データを日立が預かり、機械学習やAIなどを活用して分析。分析結果をレポートする。

 日立は、同ソリューションを通して、材料の高性能化につながる要因の予測や特定、今後の実験候補の提示を行う。同社は今後、企業による効果的な実験計画の策定や開発の迅速化、効率化を支援したい考えだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。