ニュース
» 2017年10月26日 11時30分 公開

AKSの「K」はKubernetesのK:Microsoft、マネージドKubernetesサービス「AKS(Azure Container Service)」のプレビュー版を発表

Microsoftは、新しいマネージドKubernetesサービス「AKS(Azure Container Service)」のプレビュー版を発表した。Microsoft Azureでホストされるコントロールプレーン、自動アップグレード、自己修復、簡単なスケーリング、シンプルな使い勝手を特徴としている。

[@IT]

 Microsoftは2017年10月24日(米国時間)、新しいマネージドKubernetesサービス「AKS(Azure Container Service)」のプレビュー版を発表した。

 Microsoftはこれまで、「Azure Container Service(ACS)」でKubernetesをサポートしているが、AKSプレビュー版では、ポータビリティを犠牲にすることなく、Kubernetes環境の運用管理をさらに容易にしているという。ACSは2015年から提供されており、複数のコンテナオーケストレータをサポートしているが、AKSは、コンテナオーケストレーションのOSS(オープンソースソフトウェア)として台頭しているKubernetesに焦点が当てられている。

Azure Container Service」のサイト

 AKSの特徴としては、Microsoft Azure(以下、Azure)でホストされるコントロールプレーン、自動アップグレード、自己修復、簡単なスケーリング、開発者とクラスタ運用担当者の両方にとってシンプルな使い勝手がある。これにより顧客は、複雑な操作や運用のオーバーヘッドなしでKubernetesのメリットを享受できるという。

新しいAKSクラスタのプロビジョニング、Kubernetes 1.7.7から1.8.1へのクラスタのアップグレード、3ノードから10ノードへのクラスタのスケーリングが簡単であることを示すデモ(出典:Microsoft

 AKSの利用は無料だ。顧客は、ビジネスに価値を付加するVM(仮想マシン)についてのみ料金を支払う。同社は「インフラ管理に対して時間単位で課金される他のクラウドサービスとは異なり、AKSでは、Kubernetesクラスタの管理では料金は発生しない」としている。

 さらに同社は、Kubernetes開発への貢献や関連ソフトウェアの開発に力を入れる方針を示し、これらの認識や取り組みを踏まえ、マネージドKubernetesサービスを「AKS」と呼ぶと説明している(「K」はKubernetesを指す)。

「Docker Enterprise」「Mesosphere DC/OS」にも注力

 その一方でMicrosoftは、「Docker Enterprise」「Mesosphere DC/OS」など、他のコンテナオーケストレータにも依然として関心を寄せている。顧客のニーズに対応するため、MicrosoftはDockerおよびMesosphereと引き続き連携し、両社のエンタープライズ製品との高度な統合機能をAzure Marketplaceで実現するという。

Azure Container Registry(ACR)の正式リリース

 Microsoftは、DockerプライベートレジストリをAzureリソースとして管理できる「Azure Container Registry(ACR)」の正式リリースや、ACRのgeoレプリケーション機能のプレビュー版も発表した。

Azure Container Registry」のサイト

 geoレプリケーション機能は、Azureの世界規模のネットワークを利用したスケーリングを可能にする。Microsoftは、この機能を「世界規模で展開されているAzureの差別化要素の1つ」と位置付けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。