ニュース
» 2017年10月18日 11時15分 公開

Dell EMC XCシリーズがWindows Server 2016 Hyper-Vに対応:Dell EMC、Microsoftユーザーのサポートを強化し、複数製品をアップデート

デルとEMCジャパンはXCシリーズのデータバックアップ機能を強化した。さらに、Dell EMC Ready Bundle for Microsoft SQL Serverに、最新のサーバ機とストレージ装置を追加した。

[@IT]

 デルとEMCジャパンは2017年10月17日、Windows ServerやMicrosoft AzureといったMicrosoft技術に向けて、「Dell EMC XCシリーズ」と「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」「Dell EMC Ready Bundle for Microsoft SQL Server」を強化すると発表した。

 Dell EMC XCシリーズは、Hyper-Vなどのハイパーバイザーを用いて仮想化環境を運用する企業に向けたハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)アプライアンス。今回、Windows Server 2016 Hyper-Vに対応するとともに、データ保護管理コンソールの「XCシリーズData Protection Management Console」を強化した。これにより、同社のバックアップツール「Dell EMC Avamar Virtual Edition」や「Dell EMC Data Domain」を利用したデータ保護およびバックアップの他、Dell EMCが提供する基幹業務向けクラウドサービス「Virtustream」およびAzureを利用したデータ階層化が可能になる。

 一方、Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stackは、Microsoft Azure Stackを利用してPaaS(Platform as a Service)を提供する「ターンキーハイブリッドクラウドプラットフォーム」。2017年5月に発表されたもので、初期導入企業に向けて納入が始まっている。今回Dell EMCは、Microsoftから、Azureクラウドソリューションプロバイダー(CSP)ダイレクト/インダイレクトパートナーモデルを通してMicrosoft Azureを全世界で提供する認定を取得した。これによりDell EMCは、Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stackを始めとするAzure Stackハイブリッドクラウドソリューションを、全世界の顧客やチャネルパートナーに提供できるようになった。

 Dell EMC Ready Bundle for Microsoft SQL Serverについては、第14世代のサーバ機「Dell EMC PowerEdge」と、フラッシュメモリ対応のストレージ装置「Dell EMC Unity」を追加した。また、Dell EMC PowerEdgeは「Dell EMC Microsoft Storage Spaces Direct Ready Nodes」のサポートにも追加された。多くの仮想マシンを稼働させながら、低いレイテンシと高いスループット(IOPS)を確保しつつ、SQL Serverを稼働させられるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。