連載
» 2017年10月31日 05時00分 公開

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:第566話 スパイのマナー

これはね、バイブレーションのモールス信号で、相手に悟られずにメッセージを受け取れるスマホだよ。

[小川誉久(デジタルアドバンテージ), 正木茶丸,共著]
4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」連載目次へ 構成:小川誉久
画:正木茶丸
第566話 スパイのマナー (1)とある秘密組織の研究室。白衣を着た技術者とジェームス・ボンド風のスパイ。技術者がスパイ用の特殊機能を持ったスマートフォンを手渡した。スマートフォンはバイブレーションで振動し続けている。 スパイが手に持ったスマートフォンのバイブレーションが振動する音「ビビビ・ビー・ビー・ビビビ…」 スパイ「これはなんだい?」 (2)スパイからの質問に答える技術者。 技術者「ああ、着信メッセージがバイブのモールス信号になるスマホだよ」 「相手にさとられずに連絡を受けられるのさ」 技術者の答えを聞いて、「これは使える」とニヤリと笑うスパイ。 スパイ「なるほど、それはいい」 (3)とある会社の応接室。悪の秘密結社に潜入調査に入ったスパイが、ボスとその情婦らしき女と応接で向き合っている。スパイのスボンのポケットに入れた例のスマートフォンのバイブレーションが激しく振動。 スパイのポケットに入れたスマホのバイブレーションの音「ビビビ・ビー・ビー・ビビビ……(ソイツラハキケンダ)」 しかし応接室があまりにも静かなため、バイブレーションの音がボスと情婦にまる聞こえ。焦るスパイ。 情婦(けげんな表情)「あなたのスマホ、さっきから鳴りっぱなしね」 (4)あまりにバイブレーションが鳴り続くので、イライラしたボスもスパイに忠告した。 ボス(イライラ…)「キミ、電話に出たらどうだ」 焦るスパイ「こ、これは違うんです……」 「バイブレーション、場所によってはけっこううるさい」 (2017/10/31 公開)



●4コマまんが「がんばれ、アドミンくん!」原案募集中

 あなたのアイデアがマンガになる! →詳しくはこちらから



Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。