ニュース
» 2017年10月31日 08時00分 公開

4つのAI専用ソリューションをラインアップ:ディープラーニングアプリの迅速な開発を可能に――HPE、AIプラットフォームおよびサービスセットを発表

HPEは、企業がディープラーニングなどAIを容易に導入できるよう支援する新しいプラットフォームやサービスを発表した。

[@IT]

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は2017年10月25日(米国時間)、企業がAI(人工知能)を容易に導入できるよう支援する新しいプラットフォームやサービスを発表した。当初はAIの中でも、顔認識や画像分類、音声認識などへの利用が進んでいるディープラーニングの導入支援に重点を置くとしている。

HPEのディープラーニングソリューションの詳細

 発表内容の概要は以下の通り。

HPE Rapid Software Installation for AI

 ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)やディープラーニングアプリケーション専用に統合されたハードウェアおよびソフトウェアソリューション。「HPE Apollo 6500」をベースに、Bright Computingとの協業によって構築されており、ディープラーニングアプリケーションの迅速な開発を可能にする。構成済みのディープラーニングソフトウェアフレームワーク、ライブラリ、自動ソフトウェア更新機能、ディープラーニングに最適化されたクラスタ管理機能を含み、NVIDIA製GPU「Tesla V100」をサポートする。

HPE Deep Learning Cookbook

 Hewlett Packard LabsのAI研究チームが作成した、各種のディープラーニングタスクに最適なハードウェアおよびソフトウェア環境の選択を支援するツールセット。さまざまなハードウェアプラットフォームのパフォーマンス評価、人気のディープラーニングフレームワークの特徴把握、個別ニーズに最適なハードウェアおよびソフトウェアスタックの選択に役立つ。購入済みのハードウェアおよびソフトウェアスタックのパフォーマンス検証や構成管理にも利用できる。

HPE AI Innovation Center

 大学、企業、HPEの研究者による長期的なAI研究協力のプラットフォームとして設計されている。米国のヒューストン、パロアルト、フランスのグルノーブルに設置され、研究用のインフラやツールへのアクセスを提供する。

Enhanced HPE Center of Excellence(CoE)

 IT部門やデータサイエンティストが、ディープラーニングアプリケーションの高速化や、ディープラーニングプロジェクトの短期的なROI(投資対効果)向上を実現できるように支援する。またHPEシステム上で、NVIDIA GPUをはじめとした最新の技術やノウハウを一部の顧客に提供する。Enhanced HPE CoEは現在、ヒューストン、パロアルト、日本の東京、インドのバンガロール、グルノーブルの5カ所に設置されている。


 HPEのAI事業担当バイスプレジデントを務めるパンカジ・ゴヤル氏は、同社のAIへの取り組み姿勢を次のように説明している。

 「今日の世界では膨大な量のデータが日々生成されており、ディープラーニングは、こうしたデータからインテリジェンスを引き出すのに役立つ。だが、あらゆるニーズに対応できる単一のソリューションはない。各企業は固有のニーズを持っており、ディープラーニングインフラの導入、スケーリング、最適化に向けた個別のアプローチを必要としている。われわれHPEは、業界をリードするインフラポートフォリオ、AIノウハウ、ワールドクラスの研究、パートナーエコシステムを通じて、顧客のAI活用を支援していく」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。