連載
» 2017年11月07日 05時00分 公開

Tech TIPS:Windows DefenderのFresh Start機能を使ってWindows 10をリフレッシュする

Windows 10をリフレッシュして初期化する方法を紹介する。マルウェアに感染してしまったり、設定がおかしくなってしまったりした場合、Windows 10 Creators UpdateのWindows Defenderで導入された「Fresh Start機能」を使うと簡単に初期状態に戻すことができる。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10 Creators Update(バージョン1703)以降


 マルウェアに感染してしまったり、設定がおかしくなりパフォーマンスが落ちてしまったりした場合、Windows 10をクリーンインストールまたはPCのリフレッシュをしたいことがあるのではないだろうか。このような場合、Windows 10のインストール用USBメモリなどを作成して再インストールしたり、[設定]アプリの[このPCを初期状態に戻す]を使ってPCの出荷状態に戻したりしてしまう人が多いかもしれない。

 しかしWindows 10 Creators UpdateのWindows Defenderで導入された「Fresh Start(フレッシュスタート、新たに開始)機能」を使えば、インストール用USBメモリなどを作成することなしに、Windows 10を初期状態に戻すことができる。また[このPCを初期状態に戻す]ではWindows 10が出荷状態に戻る(そのため、再度更新プログラムの適用などが必要になる)が、Fresh Startでは最新の更新が適用された状態となる。

 さらに再インストールとは異なり、個人用ファイルと一部のWindows OSの設定が維持される。ただしWindows 10に標準でインストールされていない全てのアプリとデバイスドライバが削除される(PCベンダーによってインストールされたMicrosoft Storeアプリを除く)ので、これら削除されたアプリは再インストールが必要になる。

 Fresh Start機能を使ってWindows 10をクリーンインストールするには、インジケーター領域にある[Windows Defender]アイコンを右クリックして、[開く]メニューを選択する。

 [Windows Defenderセキュリティセンター]画面が開くので、画面左側の[デバイスのパフォーマンスと正常性]アイコンをクリックする。[デバイスのパフォーマンスと正常性]画面に切り替わるので、ここの「新たに開始」の[追加情報]リンクをクリックする。ここにFresh Start機能があることが気付きにくいので注意したい。

 [新たに開始]画面に切り替わったら、[開始する]ボタンをクリックする。

[Windows Defenderセキュリティセンター]を開く [Windows Defenderセキュリティセンター]を開く
インジケーター領域にある[Windows Defender]アイコンを右クリックして、[開く]メニューを選択し、[Windows Defenderセキュリティセンター]画面を開く。[Windows Defenderセキュリティセンター]画面の左側にあるメニューアイコンの[デバイスのパフォーマンスと正常性]アイコンをクリックする。

[デバイスのパフォーマンスと正常性]画面 [デバイスのパフォーマンスと正常性]画面
[デバイスのパフォーマンスと正常性]画面をスクロールし、「新たに開始」の下にある[追加情報]リンクをクリックする。

[新たに開始]画面 [新たに開始]画面
[新たに開始]画面が開くので、[開始する]ボタンをクリックする。

 デスクトップがグレーアウトして、[新たに開始]画面から始まるウィザードが開く。指示に従って順番にウィザードを進めると、Windows 10のクリーンインストールが開始される。

 再起動が行われると、更新プログラムのインストールが行われ、Windows 10が起動する。

[新たに開始]ウィザードの画面 [新たに開始]ウィザードの画面

[お使いのアプリは削除されます]画面 [お使いのアプリは削除されます]画面
リフレッシュによって削除されるアプリの一覧が表示される。

[始めましょう]画面 [始めましょう]画面

[PCをリフレッシュしています]画面 [PCをリフレッシュしています]画面

Windows 10を初期状態に戻す Windows 10を初期状態に戻す

リフレッシュして初期状態に戻ったWindows 10 リフレッシュして初期状態に戻ったWindows 10
最新のバージョン(原稿執筆時点では、Windows 10 Fall Creators Update)の更新プログラムが適用された状態となる。

 クリーンインストールに際して削除されたアプリケーションは、デスクトップに「削除されたアプリ.html」で一覧が保存されるので、この一覧を参考に再インストールすればよい。

削除されたアプリの一覧 削除されたアプリの一覧
デスクトップに「削除されたアプリ.html」として、リフレッシュによって削除されたアプリの一覧が保存される。これを開くと、Webブラウザに一覧が表示される。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。