連載
» 2017年11月08日 05時00分 公開

SQL Serverトラブルシューティング(60):非インターネット接続環境でR関連機能がインストールできない(インストールトラブル) (1/2)

本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。今回は、「非インターネット接続環境でR関連機能がインストールできない」場合の解決方法を解説します。

[椎名武史,ユニアデックス株式会社]

連載バックナンバー

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。

トラブル 49(カテゴリー:インストールトラブル):R関連機能がインストールできない

 「Windows Server 2012 R2」上に「SQL Server 2016 RTM」をインストールした環境を想定して解説します。

トラブルの実例:SQL Serverを利用してビッグデータを分析するため、「Microsoft R Services」の導入を試みた。図1のように非インターネット接続環境でSQL Serverと「R Services(データベース内)」「R サーバー(スタンドアロン)」のセットアップを進めた。

図1 図1 機能の選択でR ServicesとR サーバーを選択

 「Microsoft R オープンおよびMicrosoft R サーバーのオフラインインストール」画面まで進み、画面に示されたインストールファイルを別コンピュータでダウンロードしてから、適当なローカルフォルダ(C:\R)へコピーした。

 その後、インストールファイルを保存したインストールパスを画面上で選択したにもかかわらず、「次へ」ボタンが押せないためインストールを完了できなかった(図2)。

図2 図2 正しいインストールパスを指定しているにもかかわらず、「次へ」がグレーアウト表示になる

トラブルの原因を探る

 図2のセットアップに記載されているインストールファイルダウンロードURLには「lcid=1041」という日本語のロケールIDが付与されていました(*)。しかしダウンロードしたインストールファイル名を確認すると、1041という数字は見当たらず、1033という数字が付いていました(図3)。1033は英語(米国)のロケールIDです。日本語の1041ではなかったため、「次へ」ボタンが有効にならなかったようです。

(*)注:ロケール ID(LCID)の一覧



図3 図3 図2に記載されたURLからダウンロードしたインストールファイルの名称

 なお、インターネットに接続可能な環境の場合は「Microsoft R オープンおよびMicrosoft R サーバーのオフラインインストール」画面がそもそも表示されないため、セットアップを進めることができます。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。