連載
» 2017年11月13日 05時00分 公開

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(31):愛媛編:高齢テスター集団を組織化せよ――地方の仕事探し、仕事創り (1/4)

UIターンをしたいけれど、なかなか希望通りの転職先が見つからない? ならば、いっそ愛媛の資源を生かしたビジネスで起業してみませんか?――U&Iターンの理想と現実、愛媛編Part4は「愛媛での仕事探し、仕事創設」を紹介します。

[薬師寺聖(セイザインデザイン),@IT]

 収入源を確保できなければ、移住は頓挫する。まずは仕事を探そう。希望の仕事がなければ、自分で創ろう。AI、VR/MR、IoTといった技術の進化を、愛媛の資源に結び付ければ、ビジネスプランが見えてくるだろう。

図1 本連載で取り上げている愛媛県の市町(連載第28回:一般家庭の蛇口は2つ――地方別「風土」「産業」「暮らし」より)

移住前に決めておきたい働き方〜正社員、それとも起業?〜

 愛媛県は、暮らしやすく教育も充実している。では、仕事はどうか。

 愛媛で働くには、主に3つの方法がある。

(1)テレワーク移住(現在の勤め先を継続)

 現在の務め先のまま移住して、遠隔勤務する方法だ。

 移住者には「雇用と待遇を維持できる」という利点が、企業側には「サテライトオフィス開設の先鞭(せんべん)をつけ、東京一極集中を避けられる」という利点がある。勤怠管理や連絡網のプランをまとめて、勤め先と交渉しては、いかがだろうか。

(2)転職移住(移住先で再就職)

 移住と同時に転職も行い、会社勤務を続ける方法だ。愛媛県には、多くの優良企業がある。

 上場企業なら、松山市に「サイボウズ」「ファインデックス」「セキ」「大王製紙」他がある。鬼北町なら隣の宇和島市に「ベルグアース」がある。本稿執筆時点(2017年10月)では、サイボウズがエンジニア職を募集している。

 中小企業では、松山市を中心に、システムハウス、Web制作会社、技術ベンチャーが多くある。年間を通して何がしかの求人はある。

 新居浜市には、住友関連企業と技術を誇る中小企業が多数ある。有効求人倍率は全国平均や愛媛県平均を上回っている(出典:平成27年新居浜市役所「新居浜市人口ビジョン」)。

 求人情報は「ふるさと愛媛Uターンセンター」などのWebサイトで得られる(下記関連リンク参照)。新居浜市本社の「アビリティセンター」には、転職移住の成功例の情報がある。

 現地で職探しをするのなら、旅行がてらJRの駅近辺に宿泊して、ハローワークに通う方法もある。鬼北町の場合、管轄は隣接する「ハローワーク宇和島」だ。宇和島市へ通勤する町民もいる。

(3)スタートアップ移住(移住先での開業)

 移住先で、開業する方法だ。

 個人事業から始めて、軌道に乗ったら法人化。全国へ、世界へ、ビジネス展開できれば、移住は成功だろう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。