連載
» 2017年11月15日 05時00分 公開

Tech TIPS:Excelでセルの先頭に「+(プラス)」や「@(アットマーク)」などの記号を入力する方法

Excelでセルの先頭に記号を入力すると、その記号が表示されなかったり、エラーが表示されたりすることがある。こうした記号を表示する方法を紹介する。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Excel 2010/2013/2016


 Excelでセルの先頭に「+(プラス)」記号を付けて「+10」のようにしたり、「@(アットマーク)」記号を付けて「@20」のようにしたりすると、「+」が表示されなかったり、エラーダイアログが表示されたりしてしまう。

 このように、Excelでは、一部の記号がセルの先頭に入力できない仕様となっている。

Excelでセルの先頭に「+」記号を入力しても表示されない Excelでセルの先頭に「+」記号を入力しても表示されない

Excelでセルの先頭に「@」記号を入力するとエラーダイアログが表示される Excelでセルの先頭に「@」記号を入力するとエラーダイアログが表示される

 こうなってしまう原因は、先頭にある「+」や「@」が単なる文字列ではなく、数字や式の一部として解釈されているためだ。

シングルクォーテーションで記号を入力可能にする

 どうしても、こうした記号を先頭に入力したい場合は、記号の前に「'(シングルクォーテーション)」を入力するとよい。

 「+10」と表示させたい場合は、セルに「'+10」と入力すると、「+」記号が表示される。「@」の場合も同様だ。

記号の前に「'(シングルクォーテーション)」を入力すると記号が表示できる 記号の前に「'(シングルクォーテーション)」を入力すると記号が表示できる

 この場合、セルに入力した数値は、先頭に記号が付いていても「@」などの一部の記号を除いて、数値として扱うことができるので、計算に使うことが可能だ。

「’」を付けた数値は計算に利用可能 「’」を付けた数値は計算に利用可能

セルの表示形式に「文字列」を使う

 シングルクォーテーションの場合、セルごとに入力が必要なため、特定の列や行に記号付きの数値を入力したいような場合は、少々面倒だ。

 このような場合、記号付きの数値を入力したいセル全体を選択した上で右クリックし、メニューから[セルの書式設定]を選択、[セルの書式設定]ダイアログの[表示形式]タブで「文字列」を指定するとよい。

セルの書式設定を変更する セルの書式設定を変更する
[セルの書式設定]ダイアログで[文字列]を選択する [セルの書式設定]ダイアログで[文字列]を選択する

 ただこの場合、数値も文字列として扱われてしまうため、計算に用いることはできない。

セルの表示形式に「ユーザー定義」を使う

 特定の列や行に同じ記号付きの数値を入力したい場合、[セルの書式設定]ダイアログの[表示形式]タブで「ユーザー定義」を指定して、「+#;-#;0」といった具合に設定すればよい。ただ「@」などの一部の記号は、ユーザー定義で先頭に指定できないので注意したい。

[セルの書式設定]ダイアログで[ユーザー定義]を選択する [セルの書式設定]ダイアログで[ユーザー定義]を選択する
[ユーザー定義]を設定するとセルの表示形式に従って記号が表示される [ユーザー定義]を設定するとセルの表示形式に従って記号が表示される

 「ユーザー定義」の場合も、セルに入力した数値が数値として扱うことができるため、計算に使うことが可能だ。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。