ニュース
» 2017年11月17日 11時30分 公開

開発生産性を高め、AI、IoT関連開発を簡素化:Microsoft、Apache Sparkベースの「Azure Databricks」や新しいAI、IoT、機械学習ツールを発表

Microsoftは開発者向け年次イベント「Microsoft Connect();2017」において、同社の新しいデータプラットフォーム技術とクロスプラットフォーム開発ツールを発表した他、開発者がAIをアプリケーションに組み込み、継続的なイノベーションやデプロイを行うための主要なシナリオや方法も提示した。

[@IT]

 Microsoftは2017年11月15日(米国時間)、開発者向け年次イベント「Microsoft Connect();2017」で、同社の新しいデータプラットフォーム技術とクロスプラットフォーム開発ツールを発表した。またMicrosoftのビジョンや、幅広い同社の技術とオープンソース技術の今後の方向性を紹介。同社がアプリケーションとプラットフォームで開発者をどのように支援していくか説明した。さらに開発者が人工知能(AI)をインテリジェントアプリケーションに組み込み、継続的なイノベーションやデプロイを行うための主要なシナリオや方法も提示した。

Microsoft Connect();2017のWebサイト

開発、アプリケーション、データ、プラットフォーム

 Microsoftはオープンソース技術の提供、オープンソースコミュニティーへの貢献、コミュニティーとのパートナーシップへの注力を継続していくという。新しいツールとパートナーシップは、開発者がプラットフォームにかかわらず、エンタープライズ対応でクラウドスケールのインテリジェントアプリケーションを構築できるように支援。Microsoft Azureのセキュリティやパフォーマンス、コンプライアンス機能、サポート、SLA(サービス品質保証)などで開発者に安心感を与えることを目的としている。

Azure Databricksのプレビュー

 「Apache Spark」プロジェクトの創設者との協力によって設計された「Azure Databricks」のプレビュー版は、コラボレーションが可能な、Apache Sparkベースの分析プラットフォームだ。ワンクリックでセットアップでき、効率的なワークフローの構築が可能で、インタラクティブなワークスペースを提供する。

 「Azure SQL Data Warehouse」「Azure Storage」「Azure Cosmos DB」「Azure Active Directory」「Power BI」とネイティブに統合されているため、さまざまなデータを使ったセルフサービス分析や、機械学習が行えるモダンなデータウェアハウスを容易に構築できるという。このデータウェアハウスでは、エンタープライズグレードのパフォーマンスとガバナンスを確保できるとしている。

MicrosoftがMariaDB Foundationに加入

 MicrosoftはMariaDB Foundationにプラチナメンバーとして加入した。同時に、Azureで提供するフルマネージドMariaDBサービス「Azure Database for MariaDB」のプレビュー版を発表した。

Apache Cassandra APIが用意されたAzure Cosmos DBのプレビュー

 このプレビューは、Azure Cosmos DBのマルチモデル機能をベースに拡張したもので、「Apache Cassandra」をサービスとして提供する。このサービスは、全世界にターンキーで提供。複数の整合性レベルが用意され、業界をリードするSLAが適用されるという。

Git Virtual File Systems(GVFS)に関するGitHubのロードマップ

 MicrosoftとGitHub社は、オープンソースに関する提携を強化し、「Git Virtual File Systems」(GVFS)のサポートをGitHubに拡張する。GVFSは、バージョン管理システム「Git」をオープンソースで拡張したもの。MicrosoftはGitHubの世界最大のリポジトリをサポートするために開発したという。

開発者支援を推進

 Microsoftは、開発者、開発チーム、データサイエンティストが、アプリケーションの開発、デプロイ、管理を協力して行えるように支援する一連のツールをリリースした。新しいツールや機能改良は、開発者がクラウドやモバイル、AIなど、どのようなシナリオでも、アプリケーションをマルチプラットフォームで市場に届けることができるように、基本的なタスクの効率化を支援する。

Visual Studio App Centerを正式リリース

 「Visual Studio App Center」は、開発者が高品質なアプリケーションを頻繁にリリースするための新しいクラウドサービス。「Objective-C」「Swift」「Android Java」「Xamarin」「React Native」の開発者は、App Centerを使うことで生産性向上やアプリケーションライフサイクルの高速化を実現し、新機能開発やユーザー体験向上に今まで以上に多くの時間をかけることができる。

Visual Studio Live Shareのプレビュー

 「Visual Studio Live Share」は、開発者がシームレスかつ安全に、プロジェクトコンテキストでコラボレートできるユニークな新機能。これにより開発者はパーソナライズされたエディタやIDE(Integrated Development Environment:統合開発環境)で、プロジェクトをチームメンバーや他の開発者と共有し、同じコードの編集やデバッグを行える。

Azure DevOps Projectsのプレビュー

 開発者は「Azure DevOps Projects」により、5分以内にDevOpsパイプライン全体を構成し、Azure Servicesに接続。アプリケーションの開発やデプロイを迅速に行える。Azureポータルで数回クリックすれば、Gitリポジトリをセットアップし、完全に自動化されたビルドとリリースパイプラインを接続できる。手順を前もって知っている必要はないという。

分析とAIによるビジネストランスフォーメーション

 Microsoftのクラウドサービス、インフラ、ツールの組み合わせは、開発者がAIを導入して、クラウドやエッジで動くアプリケーションを作成し、データとAIを活用できるように支援する。

Azure IoT Edgeのプレビュー

 「Azure IoT Edge」は、AI、高度な分析、機械学習をIoTのエッジで機能させる。

Azure Machine Learningのアップデート

 「Azure Machine Learning」は、Azure IoT Edgeや、「Core ML」によるiOSデバイスへのAIのデプロイと統合されており、クラウドからIoTエッジデバイスまで、AIを至るところに導入できる。

Visual Studio Tools for AI

 開発者やデータサイエンティストは、フレームワークや言語に関するVisual Studioの生産性機能を生かしてAIモデルを作成できる。.NETのアップデートにより、.NET開発者はアプリケーションからAIモデルを利用しやすくなっている。

Azure SQL Database Machine Learningサービスのプレビュー

 Azure SQL Database内でRモデルがサポートされ、データサイエンティストはシームレスに、Azure Machine Learningでモデルの作成と訓練を行える。またそれらのモデルをAzure SQL Databaseに直接デプロイし、極めて高速に予測を実行できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。