ニュース
» 2017年11月20日 12時00分 公開

CA World '17:機械学習で異常発生を予測して自動解決――CA、メインフレーム向けのシステム管理ソリューション3製品を発表

CA Technologiesは、年次カンファレンス「CA World '17」で、メインフレーム向けのシステム管理ソリューション3製品を発表した。

[@IT]

 CA Technologies(以下、CA)は2017年11月16日(米国時間)、米国ラスベガスで開催している同社の年次カンファレンス「CA World '17」でメインフレーム向けのシステム管理ソリューションを発表した。発表したのは、「CA Mainframe Operational Intelligence」「CA Trusted Access Manager for Z」「CA Dynamic Capacity Intelligence」の3製品。

CA World ‘17

 CA Mainframe Operational Intelligenceは、機械学習によってシステムの異常を検出し、自動的に修復するツール。IBMのメインフレーム「IBM Z」向けの「IBM System Management Facilities Adapter」のようなアダプターを利用すると、CA製品以外の情報も収集でき、異常検知の予測精度を高められる。

 2つ目のCA Trusted Access Manager for Zは、特権付きIDでメインフレーム上の全処理に制限をかけ、監視するセキュリティツール。また、新しいデータクラス、新しい米国・欧州の規制要件に対応する「CA Data Content Discovery」「CA Compliance Event Manager」など、CAのメインフレームセキュリティスイートを使うことで、企業はデータの管理を強化し、セキュリティとコンプライアンスのニーズを満たすことができるという。

 3つ目のCA Dynamic Capacity Intelligenceは、メインフレームのコスト管理ツール。CAは、「CA Dynamic Capacity Intelligenceを使うことで、メインフレームの月額ライセンス料金といったコストを、より適切に管理できる。常にメインフレームの稼働率を分析し、必要なときに必要な場所でメインフレームの処理容量(キャパシティー)を動的に移行できる。例えば、IT部門と業務部門の稼働状況を予測しながら、計画的に適切なキャパシティーを割り当てられる」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。