ニュース
» 2017年11月20日 12時30分 公開

ディープラーニングモデルのオープンフォーマットのエコシステムが拡大:AWS、MicrosoftやFacebookなどが推すAIフォーマット「ONNX」をサポート

ディープラーニングモデルのオープンフォーマット「ONNX」をサポートする、MicrosoftやFacebookなどの企業グループにAmazon Web Services(AWS)が加わった。

[@IT]

 MicrosoftとFacebookは2017年11月16日(米国時間)、ディープラーニングモデルのオープンフォーマット「ONNX(Open Neural Network Exchange)」を、Amazon Web Services(AWS)がサポートしたことを明らかにした。

 ONNXは、MicrosoftとFacebookによって共同で開発され、2017年9月に発表されたもの(参考)。異なるディープラーニングフレームワーク間で人工知能(AI)モデルの相互運用性を実現し、AIの開発、デプロイの負担を軽減する。両社の呼び掛けに応え、2017年10月にはAMD、ARM、Huawei、IBM、Intel、QualcommがONNXのサポートを表明している。

ONNX(Open Neural Network Exchange)のWebサイト

 AWSは、新たにONNXで「Apache MXNet」をサポートし、ONNXを推進するグループに加わった。ONNXのオープンエコシステムには、「ディープラーニングに取り組む開発者が当面のタスクに応じて、ツールを最適なものに簡単に切り替えることができる」メリットがあるという。

 ONNXは、Microsoftのディープラーニングツールキット「Cognitive Toolkit(旧称CNTK)」をはじめ、オープンソースソフトウェアのディープラーニングフレームワークである「Caffe2」「PyTorch」などをサポートしてきたが、AWSの貢献によってApache MXNetもサポート対象に加わった。

 Microsoftは、オープンなAIエコシステムによって、使用するプラットフォームや言語にかかわらず、全ての開発者にAIの進化の恩恵を行き渡らせることで、AIがますます利用しやすく、ますます価値あるものになると考えている。

 「ONNXや、Microsoft AzureのAIサービス、インフラ、ツール――例えばAzure Machine Learning、最近発表したVisual Studio Tools for AIなどによって、開発者やデータサイエンティストは、新しいエキサイティングなAIイノベーションをより迅速に実現できるようになる」(Microsoft)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。